2017年08月03日

Yayoi Kusamaの世界

草間彌生(くさまやよい)さんをご存知でしょうか



今年の春に大規模な展覧会が開かれ、足を運ばれた方も多いことでしょう




ワークシートの作成も行い、作家の経歴や高校生の時の作品やNY時代の制作、



海外での制作や展覧会での活動、時代の変遷と共に



作品がかわり、新しい表現方法を追求されていった過程を学び、



またスライドを通して

初めて出会うその作品を真剣に見ていました

DSC_3181.JPG

どんな人がこの作品を作るの?

どんな気持ちで作るの?



ほんものの「アーティスト」に触れる瞬間です

アーティストが生来持った心身のもたらす苦しみ

生まれ育った場所で見たり聞いたりしたもの

それらが作品にダイレクトに現われます


子ども達も、刺激を受けたようで



思い思いに制作をしてみました





DSC_3070_edited.jpg




DSC_3083.JPG






絵画や立体で表現していきます


DSC_3020_edited.jpg


いつもとは違うかたちが生まれていきます


DSC_3028_edited.jpg


DSC_3029.JPG

アトリエにちょうどカボチャがありました!


DSC_3188.JPG


DSC_3153.JPG


DSC_3192.JPG



DSC_3197.JPG



みんなのこころはこれからも



様々な作品を生み出していくのでしょう











posted by TAS at 14:49| Comment(0) | 鑑賞

2017年06月16日

Stump!Stump!トートバッグ制作


今回は、小学生を中心に、葉っぱのスタンプでトートバッグづくりをしました。








葉っぱに絵の具を塗って、布にのせた後、ローラーで抑えると・・・







DSC_3230_edited.jpg



こんなに綺麗に、葉脈と形が浮かび上がるのです。



コツは絵の具を溶く水分量。



それによって、葉の表情が変わってきます。



DSC_3253_edited.jpg



DSC_3260_edited.jpg



DSC_3236_edited.jpg



DSC_3227_edited.jpg



ローラーで上から抑えるのは、版画でも行われる手法です。



版画の版を重ねるのと、スタンプを重ねるのは、



方法としては、同じことをしています。



絵の具などで描くドローイングとは、



また違うテクスチャを楽しむことができ、



色の重なりの面白さや、



葉っぱを取るまで仕上りがわからない、



ドキドキ感があります。



DSC_3249_edited.jpg



DSC_3242_edited.jpg




ところで、葉っぱの葉脈って、



とっても綺麗な形をしていると思いませんか?









葉脈のような分岐構造は、フラクタルという幾何学模様をしています。



フラクタルとは、部分と全体が自己相似をしている図形のこと。



葉脈の他にも、木の枝、川の蛇行、稲妻や海岸線などは、



フラクタル図形をしています。



自然の中には、数式で表せられる幾何学模様がたくさんあって、



巻貝やひまわりの螺旋はフィボナッチ数列に基づいていますし、



私たちの人体は黄金比で構成されています。








自然を美しいと感じるのは、



人知を超えた数学の美が隠れているからなのです。



何気ない葉っぱも、こうやって作品として丁寧に取り扱ってみると、



その美しさの秘密がわかってきます。




posted by TAS at 14:50| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年06月08日

お菓子屋さんになろう Putit sweets craft with handmade dough clay


今回は、小麦粉で作った粘土で、お菓子づくりに挑戦してもらいましたバースデー手(グー)



小麦粉粘土は、食べられる素材のみでできているので、



幼児のお子様でも安心して遊ぶことができます。



食紅で色をつけて、お菓子職人になったつもりでスイーツづくりに挑戦exclamation



DSC_3269_edited.jpg




DSC_3276_edited.jpg




DSC_3277_edited.jpg




洋菓子専門のお菓子職人のことを、フランス語で「パティシエ」、



女性の場合は「パティシエール」と呼びますが、



パティシエたちは、お菓子の味の美味しさを追求するだけでなく、



色彩や形などの見た目の美しさにもこだわって、



新しいお菓子を創り出すため、創造力を働かせます。



DSC_0036_edited.jpg



DSC_3222_edited.jpg



パティシエが日々の成果を発揮する場として、



国内外で数々のコンテストが開催されており、



出品されている作品は芸術作品と言っても過言ではありません。



DSC_3278_edited.jpg



DSC_3279_edited.jpg



stu3.jpg



お菓子は、毎日のごはんとは違って、欠かさず食べるわけではないけれど、



特別な時に頂くことで、より一層美味しく感じれらますよね。



そういう意味では、贈り物にもなる、特別なものですプレゼント



パティシエたちは、食べてくれる人に喜んでもらうために、



細部にこだわって作ります。



お菓子作りも、アートの工作も、「ものづくり」という意味では同じ、



大切な何か、誰かを想う気持ちから生まれるのかもしれません。



DSC_0004_edited.jpg



DSC_0012_edited.jpg



DSC_0159_edited.jpg



DSC_3383_edited.jpg



DSC_3224_edited.jpg



DSC_0022_edited.jpg



子どもたちに、「誰にあげるの?」と聞いたら、



「ママにあげるの!」



「父の日にパパにあげる!」



といった回答が返ってきましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)



子どもたちはすでに、パティシエの気持ちになって



ものづくりに取り組んでいたようです。



DSC_3403_edited.jpg



DSC_3413_edited.jpg
posted by TAS at 18:18| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年05月04日

自画像



自画像は、はるか昔から描かれてきました。


これまでも多くの有名な画家たちが自画像を描き、


そして現代の作家の多くも尚 自画像を描いていますアート




東京芸術大学では、明治31年から現在に続き、卒業制作で自画像を描くという伝統があります。




その自画像を大学が買い上げて、貴重なコレクションとしています。




今回は、そんな自画像を描くことに挑戦パンチ




DSC_2772_edited.jpg




まずは、5人の有名な画家たちのたくさんの自画像をみます。




ピカソ、ゴッホ、フリーダ・カーロ、レンブラント、ルシアン・フロイド。。



それぞれの画家は、なぜ自分の顔を描いてきたのでしょう。




自分の内面の探求であったり、



変身願望であったり、



モデルにお願いするお金がなかったから、など



様々な理由があったことを知りますが、同時に自画像を描くことは



その時々の自分に向き合い、同じ自分を描いていても 



全然違う人のような顔が描かれていることも知りました。



ピカソの青の時代のやせ細った自画像、


ゴーガンと喧嘩をして耳に包帯を巻いたゴッホの自画像、



顔は同じようでも背景の様子が色々と異なるフリーダの自画像、



初めは金銭的に豊かな様子が読み取れる自画像が



次第にお金に困り、最終的には不気味な笑みを浮かべた自画像を描いたレンブラント、




など 生きていく中で環境や状況も変わっていくのと同じように


画家たちが描いてきた自画像も変わっていきました。




さてさて、




画家たちが描いてきた自画像を勉強した後は、自分たちの番ですexclamation



自分ならどんなことを思って自分を描きたい?表現したいかな?



ということを考えます。





まず鏡を持って その前で自分をよーく見て見ます。



恥ずかしいよねふらふら 



でも自分を描くってそういうこと。。



鏡の前で笑って見たり 怒った顔をしてみたり、寂しそうな顔を作ってみます。



今の自分でどんな気持ちだろう?




どんな今の自分を表現したいだろう?





鏡の前で模索します。






そして描いてきます。




DSC_2770_edited.jpg






目や鼻の位置、輪郭、髪型、



鏡を何度もみて確認していきながら




消しては描いての繰り返しですあせあせ(飛び散る汗)






DSC_2773_edited.jpg




しかしそうしながら 自分のイメージする作品に仕上げていきます。




DSC_2777_edited.jpg








DSC_2902_edited.jpg






DSC_2785_edited.jpg








DSC_2903_edited.jpg







そうしながら、たくさんの自画像作品が生み出されましたexclamation







DSC_2782_edited.jpg






音楽が大好きな様子がよく伝わってきまするんるん




DSC_2787_edited.jpg





とっても明るいお友達exclamationよく描けています。


DSC_2790_edited.jpg









DSC_2849_edited.jpg








DSC_2852_edited.jpg








DSC_2895_edited.jpg




おっ!何かに驚いている様子かな?



DSC_2897_edited.jpg





背景がかっこよく塗れています。



DSC_2899_edited.jpg





今回、自画像を描くことで自分の新しい発見があったかなわーい(嬉しい顔)



共通していたのは 楽しそうだったり 嬉しそうだったりする自画像が多かったこと。




いつか 怒っている時や悲しい時の自分も描いてみると 




また違う自分の発見があるかもしれないねかわいい





1コマ(2時間)という短い時間の中で




とても頑張りました手(グー)





お疲れ様でしたぴかぴか(新しい)





T.N



posted by TAS at 17:59| Comment(0) | 絵画

2017年04月30日

☆おやこクラス☆春と夏のワークショップについてのおしらせ

ぴかぴか(新しい)おやこクラスでは、5月~7月までワークショップを開催いたします

おやこクラスでは毎週、ご家族でワイワイ賑やかにアートを楽しんでいまするんるん





「普段、あまりアートに触れる機会がないけれど。。。

でも子どもはお絵かきが好きみたい!」


「なにかを作るのに興味を示すけれど、何からはじめたら良いのかわからない」

「絵の具を触るのは初めて!」


「まだはさみが上手に使えなくて・・・」


「絵を描くのは、まだちょっと苦手かも・・・」


という方でも大丈夫exclamation




お子様の五感を刺激するプログラム内容で


「何かを作り出したい!」という純粋な気持ちや


制作のプロセスを大切にしたアクティビティを皆さまにお届け致します








月2回、水曜日午前中の講座です

月島アートスクールの会員様でなくても、

どなたでもご参加いただけまするんるん




募集チラシ春期2017.jpg

*トップページには近日中にご案内させていただきますので
アップを少々お待ちください目



担当は、高取あずさ講師ぴかぴか(新しい)


大学で美術教育を専門に学んだ後、公立中学校の教諭を経て

「もう一度制作のための美術を学びたい!」

と美術大学で学び直します



そして現在は創作活動をしながら、社会とアート、

教育とアート、を研究テーマに活動しているそうですひらめき


2人のお嬢様のママでもあります


ワクワク・どきどきする気持ちを大切に、


何かを作り出す楽しさを、皆で作る時間を一緒に過ごしてみませんか




お申し込みは、講座開催日の3日前までに、

メールかお電話でご予約ください。


皆さまのご参加をお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)


posted by TAS at 00:20| Comment(0) | 親子クラス

2017年04月28日

見たこともない植物を描こう





暖かくなったと思えば、急に寒くなったりと体調管理が大変なこの時期ふらふら



一方で外の景色は毎年変わらず



美しい桜の花びらをチラチラと舞い落とした桜の木が




あっという間に新緑の美しい緑に彩られています。






わたしたちがいる地球上には



桜の花のように、儚い美しさを魅せてくれる植物や



小さな生き物を食べる植物



バオバブのような絵本に出てくるような面白い形状の木々など



多種多様な植物が存在しますかわいい





知られている植物だけでも20〜30万種といわれていますが




きっとそれは地球上の植物のごくごく一部なのでしょう。





そう考えるとまだ出会ったことのない、地球の植物たちにワクワクします揺れるハート





今回はそんな植物をテーマに



見たこともないけれど、実際に存在する多種多様な植物の写真を見て生態を学び、



それぞれインスピレーションを受けた植物を描きました。





DSC_2587_edited.jpg





肉食植物の中でも代表的なウツボカズラ。




虫を引き寄せ逃さないための構造を知ると




植物の見方が変わる感覚に陥りますあせあせ(飛び散る汗)






DSC_2628_edited.jpg








「こんなお花があったらいいな〜」と想像して描くおともだち。




DSC_2626_edited.jpg








太陽の光でキラキラ光る粘液。その粘液で虫をおびき寄せる植物もいるんだね。



でも描いてくれたのはとても優しそうなお花でした。



DSC_2757_edited.jpg






植物も生きていくために色々な戦略をたててるんだねわーい(嬉しい顔)







DSC_2760_edited.jpg









DSC_2762_edited.jpg







水彩絵の具の使い方も、だんだん上手になってきましたアート





DSC_2763_edited.jpg











DSC_2765_edited.jpg









DSC_2766_edited.jpg







イメージや想像が膨らむと


絵だけでは収まりきらず



思わず言葉も書き込んじゃうわーい(嬉しい顔)






DSC_2768_edited.jpg







生命力に溢れたみんなが




生命力に溢れた植物を描く。




それはそれは





エネルギーに満ち満ちた作品群でしたぴかぴか(新しい)かわいい晴れ







これからも色々な植物を知っていこうねexclamation







T.N
posted by TAS at 11:57| Comment(0) | 絵画

2017年04月22日

桜の花を描く

DSC_2420.JPG
2017年春





今年はみなさんはお花見をされましたか?わーい(嬉しい顔)


4月はちょうど満開の時期に雨に見舞われ、いつもより楽しむ時期が少し短かったかもしれません









晴れた日に「今日こそは~!」とばかりに写生会に出かけました

IMG_7010.JPG
「花がたくさん落ちてる!」

IMG_7014.JPG IMG_7018.JPG
「風で飛んでいかないでね」



IMG_7029.JPG

花をじっくり観察した後は桜の木の幹も良くみていきましょう



枝が上に横に太い枝も細い枝も伸びて、花がたくさんついている桜はなかなか描くのも大変!

でもお外で描くと開放的な気持ちになるね晴れ






IMG_7044.JPG
じゃぶじゃぶ噴水池ではオタマジャクシがたくさんいました
描く合間にオタマジャクシも捕まえたい!
「絵を描いてる場合じゃない・・・・!」
「そうだ、オタマジャクシも絵に描こうっと」




IMG_7041.JPG

オタマジャクシも青い空と満開の桜の下でのびのびと泳いでいます


スッキリとした構図の中にユーモラスな生き物の姿が描かれました





そして残念ながら雨の日は

DSC_2419.JPG

桜を活けてじっくりよく見て描きましょう





DSC_2453.JPG

目の高さでじっくりみられるので普段は気づかなかった

枝の模様や花のつき方、つぼみや枝ぶりも見ることができますね




DSC_2474.jpg
せんせい見ててね〜

DSC_2475.jpg
手でも描いちゃうからね!



DSC_2448.JPG

指で描いたり、絵の具を散らしたり、
フ~っと息を吹きかけて絵の具をたらしたり、



DSC_2477.JPG


パステルも併用しながら大きくのびのびと描きましょう















桜は日本人の生活に古くから親しまれ、よく描かれてきましたが、

うまく描けるようになったら一人前、と言われるほど

時に作家を悩ませるモチーフでもありました



桜の幹や枝は地面からどっしりと立つ樹形と対照的に

枝ぶりが細く長く縦横に伸び、


独特の木肌と濃淡、節もあります。





そして桜の花は・・・


花々の塊が迫力をもって見る人に迫ってくるようであったり、


時に、ははらはらと繊細に揺れ動く風のようだったり

めまいを起こしそうな白さの大群のように見えたり、

淡いピンクが気持ちを和やかにしたり



桜を描くと、その人のものの見方や、その日の気持ちが絵に現れるようで


まるで見えないものを描いているような気持になることもあります




子ども達の絵を見ていると絵を描く技術など軽々と飛び越えて


心のおもむくままに描かれ、とてもすがすがしい気持ちになりますね







今年の桜はどのように見えたでしょうかわーい(嬉しい顔)







Y.N
posted by TAS at 21:12| Comment(0) | プライベートレッスン

2017年04月21日

オリジナルミニ紙芝居を作ってみよう

いつの時代もこどもたちの心を掴んで離さない紙芝居。



その歴史の古い紙芝居は、



もともとは江戸時代の「のぞきからくり」という、箱の中の絵を 数個の箱の穴からのぞいて楽しむものや



光を操り映像を楽しむ「写し絵」から派生したようです。




昭和5年頃に移動しながら駄菓子を売る「紙芝居屋」が




こどもたちを呼ぶために街頭で紙芝居を読んで大流行りしますが、




昭和15年頃になると 戦争の影響などにより激減してしまいます。



悲しいことですねもうやだ〜(悲しい顔)




たまに教室でスタッフが作った紙芝居をよむことがあります。



そのときにみんなにも聞いてみました耳



「みんなも紙芝居作ってみたい?」



すると、即答で




「作ってみた〜い!!!」



ということでオリジナル紙芝居作りに挑戦パンチ







DSC_1565_edited.jpg




@まずはじめにストーリーを考えます。



どんなテーマで主人公はだれ?



起承転結についても説明をします。





A次にストーリーに沿ったラフ絵を描きおこします。




DSC_1564_edited.jpg










DSC_1561_edited.jpg







ラフ絵をみながら、「これでいいかな〜?」



流れを確認exclamation





Bストーリーと絵が決まったら本番の紙に絵を描いて色もつけていきます。





DSC_1728_edited.jpg









DSC_1747_edited.jpg





どうやら面白そうな作品が出来上がりそうexclamation&question





Cそして大事な文章を絵の裏がわに書いていきます。




順番は大丈夫かなexclamation&question





最後に教室が用意した紙芝居舞台に好きな絵を描いてセットして。。。。。





完成ですぴかぴか(新しい)





DSC_2445_edited.jpg






その後はみんなで披露しあいます。





でも恥ずかしくて嫌がるお友達は、聞き役耳ですわーい(嬉しい顔)






DSC_2135_edited.jpg






DSC_2138_edited.jpg





みんなのお話には起承転結をちゃんと意識した、




最後の感動的なオチやユニークなオチががありましたかわいい





DSC_2148_edited.jpg





そんなみんなのお話を食い入るようにきくお友達たち。





DSC_2133_edited.jpg






それぞれの作品を見て知ることを共有することで




新しいお友達の発見もたくさんあったね。





発表することは恥ずかしいけれど、




勇気を出して頑張った自分の作品を見てもらうことは





みんなの意見も聞けるし、反応も見れる。




帰ってくるものは、とても大きかったねぴかぴか(新しい)




DSC_1730_edited.jpg









DSC_1731_edited.jpg








もっぱらテレビの時代である今を生きる現代の子どもたち。。。。




一体どんな紙芝居を作るのかな。。と楽しみにしていましたが、





やっぱりみんなの柔軟な感性で作られるストーリーやその絵は




度肝を抜かれるほど 面白くて 感動的でした。





ちょっと今回は時間がかかる大変な挑戦だったけれど、





また一つ、大きな価値のある、小さな宝物ができましたわーい(嬉しい顔)





また、先生もみんなが楽しんくれるような紙芝居作るからねリボン





T.N




posted by TAS at 12:21| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年04月16日

Happy Easter 2017

DSC_2009.JPG

今年も皆からのリクエストが多く、卵からイースターエッグを制作しました



3月、4月は卒業と入学、学年も一つ上がり、アトリエでもイースターの時期が来ると



春が来たのだなあ と感慨深く思います揺れるハート





DSC_1833.JPG
せんせいの手元を真剣に見つめる子供たち




今年は作り方を少し変えて、小さなお子さんでもほとんど失敗せずに生卵から

作る方法を考えながら進めました




DSC_1824.JPG





毎年作ってきた子はお家にひとつずつイースターエッグが増えてきて

いるとのこと


今でも大切にしてくださっていると聞き感激しましたexclamation




DSC_2048.JPG

色とりどりのエッグが空間を明るく彩どってくれます






DSC_2055.JPG
取り出した卵はパンケーキに








DSC_2015.JPG

色紙でバスケットも一緒に作り




DSC_2065.JPG



DSC_2059.JPG


割れないようにエッグを入れて、そっと持ち帰りましょう





DSC_2056.JPG





4月はいろいろなことがスタートし何かと忙しい時期ではありますが




みんなの作品が集まると

より一層、春光うららかな季節に感じられました晴れ



新しい生活が皆にとって充実したものでありますように・・・・グッド(上向き矢印)









Y.N
posted by TAS at 00:02| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年04月13日

お花のポンポン作り

4月に入り、東京ではソメイヨシノが満開を迎え始めました。




お子様たちは入学、進学を迎え、気持ちも新たに一つ成長した顔を見せてくれました。





そのような折、今回の工作では、お花のポンポン作りを行いましたかわいい






DSC_2513_edited.jpg










DSC_2416_edited.jpg






薄紙を折り重ね、一枚一枚丁寧に開いて作ります。



まるで桜の花びらのように、繊細な紙を扱います。



色も紙の順番も、子どもたちに選んでもらいました。






DSC_2381_edited.jpg








DSC_2386_edited.jpg






花びらの先端は、自由な形に切ってもらいます。



丸い花びらやギザギザの花びら、開いたらどんなお花になるのかな?




小さなお子様には、ハサミを使う練習にもなりました。







DSC_2428_edited.jpg







大きなポンポン作りにも挑戦exclamation




みんなの顔の2倍はある大きさだねわーい(嬉しい顔)






花びらを開くのが大変だったけど、上手にできました。





同じ薄紙を使って、リボンや蝶を作った子もいますリボン






カラーペンやスパンコールで装飾したり、蝶には触角もつけましたグッド(上向き矢印)




こちらも可愛いものができました。






DSC_2408_edited.jpg





大きさにバリエーションをつけて作ってみました。



3つを紐で繋げたら、お部屋に飾れるようなモビールにもなりまするんるん




どうでしょう?お店に置いてもいいくらい、オシャレな仕上りですぴかぴか(新しい)




街が華やぐ季節には、こんな工作で季節を感じることもできます。






DSC_2514_edited.jpg




みんな、お家で飾ってキラキラ春を楽しんでくださいねぴかぴか(新しい)かわいいぴかぴか(新しい)







posted by TAS at 12:19| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年03月08日

昆虫ノート

もうすぐ春ですねかわいい


3月5日の啓蟄(けいちつ)も過ぎ、暖かくなって


そろそろ土の中から生き物たちが、もぞもぞとでてくる時期になりました晴れ



そんな頃、月島アートスクールの生徒さんたちは 様々な生き物に思いをはせ



世界で一つのオリジナル昆虫ノートを作りました。






DSC_1785_edited.jpg




ただのノートではありませんexclamation




開いても楽しいノートなのですわーい(嬉しい顔)






DSC_1789_edited.jpg







まず、表紙と裏表紙に描く虫さんを決めます。




みんなどんな虫さんが好きなのかな〜?





DSC_1571_edited.jpg







DSC_1563_edited.jpg







世界にいる様々な昆虫の写真集をみながら、インスピレーションを得ます。




信じられないほど綺麗な色の虫、変わった形の虫が自然界には存在するんですね目




「みてみてー!この虫こんなに大きいよ!」「どこが目かなあ?」「宝石みたい〜黄ハート



色々な声が飛び交いまするんるん





何を描くか決まったら、スケッチブックに下絵を描いていきます。








DSC_1566_edited.jpg











DSC_1572_edited.jpg









DSC_1537_edited.jpg











DSC_1627_edited.jpg







「てんとう虫の足って何本?」「ナナホシテントウムシは丸が7つあるけど、てんとう虫にもたくさん種類があって


もっともっと点々があるてんとう虫さんもいるんだよ」


「カブトムシの幼虫ってどんな形?」「普段どんなところで生活してる?」




普段こんなにじっくり昆虫たちのことを考える事はあまりないかもしれません。




でもこの時間は、写真をよーく見たリ考えたりしなければ なかなか手がすすみませんふらふら




昆虫たちの会話で話が弾みますわーい(嬉しい顔)






下絵が終わったら、水彩絵の具で色を付けていきます。






DSC_1620_edited.jpg








DSC_1618_edited.jpg









DSC_1621_edited.jpg










DSC_1628_edited.jpg





細かい所がたくさんあるから、筆を上手に使わなくては塗れません。





でもみんな、筆の先を上手に使いながら色を塗っていきます。





DSC_1626_edited.jpg








DSC_1625_edited.jpg











DSC_1746_edited.jpg




ノートの表紙と裏表紙の絵が完成に近づいてきましたexclamation





目標は、使って楽しいノート!





表紙、裏表紙の絵が完成した後は、





昆虫のお話を作りながら




ノートの下や端、上など 好きなところに小さめに色鉛筆で絵を描いていきます。






DSC_1795_edited.jpg






DSC_1825_edited.jpg







DSC_1797_edited.jpg









DSC_1830_edited.jpg








大きくどーん!と描くページも時にはありますわーい(嬉しい顔)




DSC_1793_edited.jpg







DSC_1794_edited.jpg







DSC_1826_edited.jpg









DSC_1792_edited.jpg








そして表紙と裏表紙の絵をカラーコピーして貼り付けたら。。。。。





オリジナル昆虫ノートの完成ですぴかぴか(新しい)





DSC_1762_edited.jpg







DSC_1773_edited.jpg








DSC_1783_edited.jpg








DSC_1776_edited.jpg








DSC_1784_edited.jpg








DSC_1822_edited.jpg








暖かくなってきた今、月島アートスクールはみんなが描いた昆虫たちのおかげで




生命力にみなぎり、エネルギーが満ち溢れ、室内温度が2〜3度 あがっていますかわいい晴れ







DSC_1832.JPG







DSC_1834_edited.jpg






T.N





























posted by TAS at 14:14| Comment(0) | 絵画

2017年02月26日

ミョウバン結晶作り

いつも、キラキラ光るものが大好きな子どもたちぴかぴか(新しい)


「宝石ってどうやってできるの?」

という質問を受けてから何かできないかなあ〜と考えていました。


そこで、何人かの子たちは、結晶作りにチャレンジしました目







今回は焼きミョウバンを使ってみましょうひらめき




ミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)は、英語では「Alum」

古くより消火剤や染物、消臭剤として、

また身近なところでは、日本では食品添加物として漬物などにも使われるようですひらめき




touko6.jpg

ミョウバンの倍の量の水を沸かして沸騰させ、

半分の量のミョウバンを溶かしました



瓶にいれてから食紅で色を付けます



touko1.jpg
3日ほど経つと・・・・





touko2.jpg
できた〜〜





touko3.jpg



touko4.jpgtouko5.jpg


取り出してみるとカチカチになっていて不思議~~






氷のように固く透き通っているけれど、触っても溶けないねがく〜(落胆した顔)







ミョウバンを溶かす濃度を変えていきながら少しずつ結晶を大きく育てていく方法もあるそうです




材料は、ミョウバンと水と食紅だけなので、


もしまた興味があったらお家でも実験してみてくださいねわーい(嬉しい顔)








Y.N

posted by TAS at 23:47| Comment(0) | プライベートレッスン

2017年02月22日

動物のコラージュ

コラージュとは、フランス語で糊付けの意味です。


DSC_1076_edited.jpg




新聞や布、針金 他 様々な物を組み合わせ画面を構成していきますぴかぴか(新しい)



1919年頃からはじまり、現代でも一つの絵画技法でもあります。




意図を持たない意外な組み合わせで、思いがけない効果を生み出し

自由な発想で楽しむことができますひらめき


今回は動物の写真の印刷物を使い、制作していきました犬猫





DSC_1339_edited.jpg









DSC_1297_edited.jpg





チョキチョキはさみで切っては貼っての繰り返し。






DSC_1362_edited.jpg





でも構成を考えるのが楽しいから



はさみも進みますわーい(嬉しい顔)






DSC_1365_edited.jpg







うひゃひゃひゃ!


DSC_1363_edited.jpg






とってもユニークな発想で、エネルギー溢れる作品が続々誕生しましたexclamation





DSC_1301_edited.jpg








DSC_1303_edited_edited.jpg











DSC_1368_edited.jpg









DSC_1375_edited.jpg










DSC_1377_edited.jpg










DSC_1409_edited.jpg






ストーリー性のある作品もかわいい





DSC_1410_edited.jpg







DSC_1412_edited.jpg








DSC_1413_edited.jpg







DSC_1415_edited.jpg







DSC_1418_edited.jpg





動物の話をしたり、



みんなの構成をみあいながら笑いあったり、



色紙をつかって効果的な見せ方を考えたリ、




楽しみながらとっても素敵な作品が出来上がりました。




小さなアーティストから生まれる作品群。




側でその瞬間に立ち会えることを



先生はとっても嬉しく思っていますハートたち(複数ハート)




制作するときの


このワクワク感をずっと持ち続けてくれたらいいなあぴかぴか(新しい)

















posted by TAS at 12:56| Comment(0) | 絵画

2017年02月01日

2017年! わたしの目標

新しい年の幕開けです晴れ

月島アートスクールでは、

今年は「わたしの目標」を描くことからはじまりましたぴかぴか(新しい)


成し遂げたいことをイメージして言葉にして書くことは


大人もよくやることですが、


絵にして表現する機会は、なかなかありませんふらふら



でも、イメージを絵で表現することは絵を描く上でとっても大切です。




みんなに聞いてみました。


「今年の目標は?」


すぐに返事が返ってくる子、じっと考えるこ、目標はないと言い切る子わーい(嬉しい顔)などさまざまでしたが、



目標が思いつかない場合は、昨年できなくて悔しかったことなど 振り返ってみてもらいました。


そうしながら、じっくりと今年の目標を考えたら



下絵を描いていきます。





DSC_0947_edited.jpg








DSC_1023_edited.jpg









DSC_1075_edited.jpg








DSC_1025_edited.jpg





お母さんのお手伝いをたくさんしたい




バレエがうまくなりたい





鉄棒がうまくできるようになりたい





英語ができるようになりたい






それぞれの願いや思いを絵に託していきます。







DSC_1073_edited.jpg







DSC_1077_edited.jpg






DSC_1361_edited.jpg






DSC_1359_edited.jpg





DSC_1360_edited.jpg





今年も月島アートスクールで、沢山絵を描きたいという目標を描いてくれたKちゃんかわいい


DSC_1104_edited.jpg





イメージしながら頑張って描いた作品群は、どれもこれも気合の入った素晴らしい作品ばかりexclamation




DSC_1188_edited.jpg





ともだちと縄跳びを練習して上手になりたいのかなexclamation&question




DSC_1189_edited.jpg





DSC_1187_edited.jpg




バレエの発表会の様子が上手に描かれています。





DSC_1331_edited.jpg




DSC_1284_edited.jpg







このお友達もバレエが上手になりたいと、一生懸命バレエを練習している風景を描きました。




DSC_1286_edited.jpg




今年小学校にいくお友達は、ランドセルをしょって学校にいき

たくさん勉強したいというおもいをこめて絵を描きました。




DSC_1287_edited.jpg





アイススケートが上手に滑れるようになりたいと描きました。



滑った跡のリンクもちゃんと描いています。



DSC_1289_edited.jpg




料理をしてるのかな?




DSC_1329_edited.jpg





ロボットが作りたい!と描いてくれたHちゃん!



壮大な目標だねわーい(嬉しい顔)



DSC_1343_edited.jpg





人魚になりたいと描いてくれたYちゃん。



夢のある目標だねハートたち(複数ハート)



DSC_1338_edited.jpg







熱海にいきたいるんるん


DSC_1376_edited.jpg





ディズニーランドのホテルに泊まりたいリボン


DSC_1328_edited.jpg




だんだん、目標ではなく、願望になってきた?(笑)






でも素晴らしい絵だから、決定るんるん





今年頑張りたいこと、





他にもたくさんexclamation





DSC_1419_edited.jpg







DSC_1370_edited.jpg



漢字をたくさんかけるようになりたい!




テストで100点をとりたい!




DSC_1371_edited.jpg









DSC_1108_edited.jpg





DSC_1416_edited.jpg





一生懸命勉強して

テストで二重丸をもらったときのイメージが

とても具体的に、忠実に描かれているね!





DSC_1290_edited.jpg




みんなの目標が達成できることを



スタッフ一同応援していますexclamation




頑張って苦しいときは、



描いているときの気持ちを思い出して、




あきらめないで がんばってねパンチ




きっとできるexclamation×2






T.N






posted by TAS at 14:34| Comment(0) | 絵画

2017年01月13日

2017年 あけましておめでとうございます!

キリキリとした寒さがます中、


2017年の幕が開きましたかわいい



今年も月島アートスクールでは


楽しくもありながら 学びの多い


様々なカリキュラムを考案し



キラキラぴかぴか(新しい)エネルギー溢れる子どもたちに



創造/想像の場を楽しんでもらいたいと思っておりますハートたち(複数ハート)




スタッフ共々


こどもたちのエネルギーに負けないよう、


内なる情熱を燃やしながらひらめき



クリエイティブな時間を一緒につくりあげていきたいとおもっております。




2017年も


引き続き何卒よろしくお願いいたしますexclamation





スタッフ一同



posted by TAS at 11:19| Comment(0) | 日記

2016年12月29日

盛りだくさんの12月❣ ガラスドーム、クリスマスカード、お菓子のいえ家、 指あみ指差し確認左 他

12月といえば、


冬、雪雪、クリスマスプレゼント。。。。


連想するものが沢山あります。


みんなが作りたい物も尽きることなく


色々なものを制作しましたぴかぴか(新しい) 



そしてまた、小さなアーティストたちによる



沢山の作品が生まれましたハートたち(複数ハート)





ガラスの中に、自分たちの世界観を詰め込んだ



『ガラスドーム』。




冬を主なテーマとして 制作しました。






DSC_0640_edited.jpg





粘土に色を付けて、コネコネ手(パー)




小さいガラスドームの中に入れるから



作るものも小さくて、大変ふらふら



ちゃんと入るかなexclamation&question



ガラスドームの中で大きさを確認しながら


作りましたかわいい






DSC_0550_edited.jpg






雪だるま、トナカイとサンタさん、自分の大好きなバイオリン、






みんなの個性が光りますぴかぴか(新しい)








『クリスマスカード』もつくりましたハート





サンタさん宛に作ったカードや、大好きなともだち、お父さんとお母さん、自分用に。






DSC_0744.JPG






おもいおもいにカード作りを楽しみました。



飛び出すカードなど、仕掛けをたくさん考えてたねexclamation





こんなカードもらってみたい揺れるハートとおもうようなカードばかりるんるん




毎回子どもたちのアイディアとセンスには脱帽です目







DSC_0660.JPG






DSC_0615.JPG







DSC_0613.JPG







次に、紙で作った花を飾ったスペシャルBOXかわいい




クリスマスのプレゼントに最適プレゼント




DSC_0780.JPG








お菓子の家も作りました!



むしゃむしゃお菓子を食べながら。。。



「そんな食べたら飾るお菓子がなくなっちゃうよ(笑)」と先生にいわれながらわーい(嬉しい顔)






DSC_0822.JPG





見てるだけでも ウキウキるんるんワクワクグッド(上向き矢印)



とっても可愛いくてメルヘンなお菓子の家の完成ですexclamation







DSC_0836.JPG






DSC_0807.JPG








『指あみ』にも挑戦しましたexclamation






DSC_0875.JPG





初めての挑戦した子たちは、やり方を習得するまで苦戦しましたふらふら






DSC_0868.JPG







何度も何度もやり直しながらも



最後まであきらめないでやってたら、、、、







すごいすごいexclamation×2






習得し始めたら あとは早いですわーい(嬉しい顔)




どんどんどんどん 編み始めることができましたぴかぴか(新しい)








DSC_0872.JPG






そして、自分で作ったオリジナルの指あみマフラーが完成しましたexclamation





DSC_0885.JPG




少し緩くなってしまったところも、いい味がでてますぴかぴか(新しい)




DSC_0890.JPG






苦戦を繰り返し



やり方を習得し



コツコツ編んで出来上がった自分のマフラーを首に巻いた瞬間、



嬉しそうで、とびっきりの笑顔をみせてくれましたかわいい




先生たちは感動しましたexclamation×2もうやだ〜(悲しい顔)





まだまだ寒い冬が続きます。



自分が作ったマフラーを身につけて、暖めてくださいねハートたち(複数ハート)




また来年も




みんなどんな様子で、どんな作品をみせてくれるのか、




いまからとっても楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)




たっくさん、楽しもうねるんるんるんるんるんるん





T.N






posted by TAS at 13:16| Comment(0) | キッズクラス

2016年12月13日

葉っぱのお皿

12月も早いものでもう中旬となりました


今年は例年より寒さが厳しいですが、紅葉がとても美しいですね

DSC_0227 -.JPG
アトリエの近所の公園に葉っぱを拾いに行きました


私たちのアトリエの近くの公園や街路樹にもさまざまな落葉樹が見られます




DSC_0233.JPG
桜の葉も美しく紅葉していました



都心の街路樹の植栽にはイチョウが多くみられますが、この時期は黄金色に輝き


いつもの見慣れた風景や街並みがぐんと鮮やかに彩られ、わたしは毎朝とても嬉しくなりますわーい(嬉しい顔)



ちなみに、東京都の木はイチョウ

都民投票を行い、3種の候補のイチョウ、ケヤキ、ソメイヨシノの中からイチョウに決定し、

昭和41年に発表されました

火や公害に強いことから街路樹に多く植えられているそうです
(参考:東京都HP)




そんな美しい葉っぱを使ってこの時期ならではのクラフトを制作しました



DSC_0396.JPG

葉っぱのお皿やボウル




DSC_0440.JPG

DSC_0410.JPG
木の実もマスコットに





DSC_0414.JPG



DSC_0448.JPG

ライトを入れた灯り





DSC_0411.JPG
おやこクラスでは鳥さんも





DSC_0205.JPG





だんだんと冬支度をする樹木の葉っぱは落ち始め、

木の根っこは土からの養分を蓄えているようです




また冬を越すと木々の芽が顔を出しまた来年には青々としたはっぱを

つけることでしょう



DSC_0443.JPG


Y.N














posted by TAS at 12:36| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年12月09日

肖像画を描く





肖像画の歴史は、古代メソポタミア時代までさかのぼります目



写真のまだない時代、権力者たちは地位を伝えるために肖像画や肖像彫刻を制作してきました。



記録するための媒体だったのですね。



17世紀頃になると 次第に庶民の肖像画が登場し始めたのだそうです。



カメラが普及した現代においても、



仕事として肖像画を描くプロの方々もいたりと いまだ肖像画を描く文化は残っています。



わたしたちの間でも、大切な人に似顔絵を描いてプレゼントしたりすることよくありますよねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)




今回は、そんな肖像画の歴史をふまえお話しながら



みんなにも描きたい人を選んでもらい描きました。



そして愛情いっぱいのこもった肖像画作品が出来上がりましたexclamation





DSC_0022_edited.jpg



写真を見ながら描くこたちや


思い出しながら描く子もいます。


決まりはありません。




誰を描くかきまったら鉛筆で下書きをします。



肖像画なので、「似て描く」ことを意識したいものです。



まん丸お目めや、山型のお鼻、一本線の眉毛や口。。。



本当にそんなお目め目してるかな? お鼻の骨ってどこから? お鼻の息するところは?



眉毛ってなにでできてる? 唇の厚みはキスマーク。。。?



そんなことを意識してもらいながら描いていきます。





DSC_1482.JPG






DSC_1483_edited.jpg





眉毛の毛並は上手に描けたけれど、、、なんだか 口とあごの間がすごくあいちゃった!


あれれ?  おでこがない。。。 



お顔のバランスがむずかしいふらふら



消しゴムで何度も何度も消しながら



対象となる人の顔を思い出しながら 一生懸命似るように描いていきます。



そして何よりも その人を想いながらハートたち(複数ハート)





DSC_1485_edited.jpg




鉛筆の下描きが終わったら




色塗りに入りますリボン





DSC_0029_edited_edited.jpg



背景には、描く対象の方のイメージができる好きなものであったり



好きな色を意識しました。





DSC_0089_edited.jpg






描く対象として人気だったのが、家族です。




DSC_1484_edited.jpg




お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、弟、妹、家族全員、




中には大好きなお友達を描いたこもいました。





大好きなみんなを思い出しながら描きます。






DSC_0084_edited.jpg






DSC_0083_edited.jpg






家族と旅行に行ったときのことを思い出しながら。。。飛行機バス新幹線車(セダン)




DSC_0497_edited.jpg






これは東京タワーにいったときかなるんるん





DSC_0488_edited.jpg







なんだかみんなで楽しそうな感じが伝わってきますわーい(嬉しい顔)



あれ?後ろの方にも誰かいるねexclamation



DSC_0489_edited.jpg






DSC_0492_edited.jpg






大きく堂々と描けたね!


DSC_0494_edited.jpg





大好きなお父さんとお母さん黒ハート


そっくりに描けました。


DSC_0495_edited.jpg




手に何かもっています。


自分の中でしっかりとストーリーが作られているのですねぴかぴか(新しい)





DSC_0496_edited.jpg



これは 大好きなお母さんと、大好きなパスタを食べているところだそうです。


お母さんはオレンジが大好き。


きれいなオレンジ色を背景に、かっこよく塗れましたハートたち(複数ハート)





DSC_0491_edited.jpg





ママは青が好き!だから青の水玉模様の服を描きました。





DSC_0090_edited.jpg





大好きな妹を描きました。



妹はお芋が大好きだそうです!




DSC_0493_edited.jpg






赤いお鼻。。。。斬新です!!!かっこいい。




DSC_0498_edited.jpg





DSC_0500_edited.jpg




大好きなパパ。


写真をみながら描きました。



構図が難しかったけれど


一生懸命描きました!




DSC_0499_edited.jpg





DSC_0023_edited_edited.jpg





気持ちがこもった作品たちは


色使いにも、線にも、ストーリー性にも、細かな部分まで



自然に配慮された



とても完成度の高い作品になるんだということを




みんなが真剣に描く姿からよく伝わってきました
ぴかぴか(新しい)


posted by TAS at 13:48| Comment(0) | 絵画

2016年12月07日

2016/11/27「nature sings-listen」アートワークショップ at FANCL 銀座スクエア

11月27日(日)ファンケル 銀座スクエアにて

ゲストにオーガニックスペシャリスト、ジョン・ムーア氏をお招きした
「オーガニックプランター作り」ワークショップ

そして、アーティストのせたかこさんによる、「手作り天然絵の具で描くボタニカルアート」ワークショップ

の2つのワークショップを取り入れたイベントを開催いたしました


会場となったファンケル 銀座スクエア10Fのロイヤルルームは

イベント時以外は一般開放されていない、都心の真ん中にある小さな隠れオアシスのような空間ですぴかぴか(新しい)


当日は、赤と白のシクラメンに覆われたガーデンかわいいと、クリスマス装飾クリスマスされた楽しく美しい空間の中で

今年ゲスト講師のせたかこ氏とジョン・ムーア氏がが制作し発売した電子絵本

『nature sings-listen-』の記念イベントとしてふさわしい贅沢な空間の中での

アート×自然の両方を楽しめるイベントを行うことができましたるんるん




DSC_0235_edited.jpg



始めに ジョン・ムーア氏による「オーガニックプランターづくり」のワークショップ。

植物の成り立ち、光、土、虫からみる色の世界など、非常に興味深いお話です。



スクリーンショット 2016-12-07 11.39.41_edited.jpg



ジョン・ムーア氏は、ご出身の自然豊かなアイルランドにて

幼初期の頃、一緒に暮らしていた祖母の影響を大きく受けながら培われてきたオーガニック哲学のもと

これまでも自然に寄り添いながら生活してこられました。

現在は、危機的状況である日本古来の種を守る活動を精力的に行う一方で

ご自身でも様々な植物を育てられています。

そんなジョン・ムーア氏のお話は、専門的でありながらも笑いを交えたとても温かい雰囲気の中おこなわれました。


DSC_0243.JPG




人間同士にも相性があるのと同じように、植物にも相性があるということ、

月と植物の関係、

土の中の根っこは、人間の脳と同じであること


などなど 普段知るよしもしなかったお話ばかりで、新しい感覚を刺激されっぱなしです目耳ぴかぴか(新しい)



DSC_0244_edited.jpg





感覚を研ぎ澄まし、自然の声を聴くこと...。



ジョン・ムーア氏は日常生活の中で日々当たり前のように取り入れていらっしゃいます。



DSC_0254_edited.jpg




詳しい植物の話を聞いた後は

実際に参加者の方々が持参されたプランターに

ジョン・ムーア氏が用意して下さった土と種を植えます揺れるハート



DSC_0251_edited.jpg




土の香りを嗅いだり

土の感触を手でじっくり感じながら 

皆さんおもいおもいに、ご自身のプランター作りをはじめました。





DSC_0258_edited.jpg





植える種も、種たちの相性を考え、ジョン・ムーア氏がセットしてくださいました。





DSC_0257_edited.jpg




「えー!こんなに違う種類をいっぺんに入れてしまって大丈夫なのー??」

「根腐れはしないのー?」

今までの自分がもっていた常識を覆すようなジョン・ムーア氏の「myプランター作り」




DSC_0253_edited.jpg




さて、芽はいつ頃でてくるのでしょうか。。。


なんと参加者から頂いたその後のご報告によると

2日後に根っこが、、、、生えてきたという事です......❢

早すぎはしませんか〜exclamation&question


そして10日後の12月7日現在、他の参加者によるプランターの画像を拝見させて頂きましたが

カイワレのように10pを超える長さの芽がにょきにょきと元気よく出ていましたあせあせ(飛び散る汗)




この生命力はなんでしょう。



ジョン・ムーア氏はいいます。



「いい種といい土、そして光」。






次に、アーティスト のせたかこ氏による


「天然絵の具をつかった ボタニカルアート」のワークショップのはじまりですかわいい



まず、ボタニカルアートの歴史や、その意味の説明からはじまりました。


ボタニカルアートといわれるルーツは、

大昔(2000年以上前の古代エジプト、ギリシア時代、中国の唐の時代)に遡ります。



もともとは薬草として利用されていた植物の記録からはじまりました。



ヨーロッパで様々な種類の植物が移入され、薬草という概念を超え見て楽しむようになっていきました。

19世紀頃になると、イギリスを中心として植物画を楽しむようになり、

それが次第に日本でもボタニカルアート(植物画)として親しまれるようになりました。


そんなボタニカルアートを今回は、たかこ講師の手作り絵の具、

天然素材のみを原料にした自作の水彩絵の具も用いて水彩画を楽しみました。

(※一部他社の天然素材絵の具製品も有り)




スクリーンショット 2016-12-07 11.39.20_edited.jpg



日々「繋がり」や「循環」を意識した作品の制作をしていることの多いたかこ講師は

「土に還れる作品」を作りたいという想いのもと

自然環境の負担を極力少なくできないかと、天然素材の絵の具づくりの研究を独自で始められているようです。




今回使用された天然素材は、ウコン、唐辛子、抹茶、赤ビーツ、コーヒー、ハーブティ の他

天然食用着色料です。



葉の原料を使って色を塗れば 葉のリアルな色がでることは

考えたら、当然のことかもしれません。



本当に美しい自然の色が再現されています。



スクリーンショット 2016-12-07 14.12.16_edited.jpg



参加者の皆さんも

自然の色の鮮やかさに驚きながら

とてもきれいに色をのせていらっしゃいました。


DSC_0273_edited.jpg





ボタニカルアートといえば、


描くのは植物のみで、まわりは白の余白のままということが多いですが


今回は、それぞれ感じたままの色を背景に自由にのせていただきました。



絵を描くのが苦手ふらふらと心配されていた方も

お楽しみいただけたようです。





スクリーンショット 2016-12-07 11.39.05_edited.jpg






楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまうものです。



お二人の自然をテーマとしたワークショップが終わった後は



同ビル内のオーガニックレストラン「レストラン ぎんざ 泥武士」にて


素材にこだわった美味しいランチを頂きました。



いただいた「二の重弁当」は、ボリュームもたっぷり黒ハート


女性にも男性にも大人気のランチだそうです。


今回は、プラス プチスイーツも付けて下さいましたハートたち(複数ハート)




DSC_0276_edited.jpg




DSC_0277_edited.jpg





お食事の時間も、参加者の方々は、植物やアートのことなどでお話が尽きません。


美味しいお食事と尽きない会話で


とても豊かな時間でしたぴかぴか(新しい)




お帰りの際にはお土産として


電子絵本「nature sings-listen-」の特製タンブラーをご用意し


お持ち帰りいただきました。




スクリーンショット 2016-12-07 11.39.28_edited.jpg




参加者の皆さんにもお喜びいただけたようです。





今回のテーマとなった、アート×植物は


一見つながりがなさそうにみえて


実は感じる感性、観察する目


クリエイティブな思考を必要とするという面などで


共通点が多々ありました。



アートには



自然と調和して生きていくためのヒントが散りばめられいるのかもしれません。




またこのような機会が作れたら嬉しいと思っています。




ゲストの、ジョン・ムーア氏、のせたかこさんをはじめ

素敵な空間をご提供してくだしました、ファンケル様

そしてオーガニックレストラン「レストラン 銀座 泥武士」様に心から感謝を申し上げます。


また今回足を運んでくださいました参加者の方々、本当にありがとうございましたexclamationexclamationexclamation




また皆様にお会いできる日を、楽しみにしていますぴかぴか(新しい)



プランターの植物たちの近況もおしえてくださいね揺れるハート




★一般社団法人seeds of life★

★のせたかこ HP★

★ファンケル 銀座スクエア★

★レストラン ぎんざ 泥武士★








































posted by TAS at 19:35| Comment(0) | ワークショップ

2016年12月02日

ミニチュアシューズを作る



実際にあったらいいなという靴のデザインが決まったら、さあ作りはじめてみようexclamation×2




DSC_1309.JPG
靴のパーツを一つひとつ丁寧に分解しながら彩色をします
どんな素材を使おうかな~~







ユニークな靴がたくさん生まれましたるんるんるんるん






DSC_1420.JPG

DSC_0031.JPG


DSC_1391.JPG




DSC_1356.JPG



DSC_1355.JPG



DSC_1412.JPG
大好きな新幹線をデザインした靴も





DSC_1350.JPG

DSC_1408.JPG




DSC_1395.JPG

DSC_1410.JPG
「履けない靴だよ」



DSC_1392_edited.jpg


DSC_1345_edited.jpg




眺めているだけでとても楽しい気分になりますね




皆さんの発想力には本当に驚かされました






Y.N




posted by TAS at 23:02| Comment(0) | 工芸・デザイン