2018年04月05日

イースターエッグクラフト

今年もイースターエッグの季節がやってきました


月島アートスクールでは、エッグクラフトは

毎年の恒例制作となってまいりました

DSC_3401.JPG








昨年から続くとても寒い冬から春にかわりゆくこの時期



日に日に暖かくなる日差しにワクワクしながらの制作です





DSC_3421.JPG
どんな風に仕上げたいか、デザイン画を描いてから




DSC_3393.JPG

ゆっくり、そーっと卵の中身を抜きましょう













DSC_3503.JPG

丁寧にペインティングして、飾りをつけて


DSC_3559.JPG



DSC_3522.JPG

今年もまたいろいろな表情の卵が生まれましたるんるん











DSC_3527.JPG

ピンクが大好きな子や




DSC_3504.JPG

象さん!




DSC_3479.JPG

「ウサギの耳と尻尾は後で付ける!」



DSC_3496.JPG

好きな絵や写真を貼り付けてもよいですね...









DSC_3469.JPG

もしも、割れてしまってもOK...




DSC_3518.JPG

こちらは大人気だったおカオ


DSC_3395.JPG


制作の後は、みんなが大好きなパンケーキをいただきました













DSC_3557.JPG







子ども達の春休みもそろそろ終わります





4月から新年度がスタートし、卒業・入学を迎えられた皆様、おめでとうございますぴかぴか(新しい)




また、ひとつ、学年も上がった皆様も改めておめでとうございますグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)








どうぞこれからも学びの多い、充実した学校生活をお送りくださいわーい(嬉しい顔)











Y.N











posted by TAS at 23:36| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年08月27日

猫の明かりを作りましょう

みんなが作るのを楽しみにしていた猫の明かり


風船を土台に、張り子の技法で猫の明かりを作りました猫


「張り子」とは、形の土台となる型に和紙を張り付けて紙を貼り合わせて立体的な表現をする技法のひとつです


日本では古くから張り子で作られた人形や使っても丈夫な小物が親しまれてきました。





似たような技法に、西洋でもフランス語で「パピエ・マシェ」という技法があります






紙はパルプという木材が原料ですが、水を加えて流動性を高め、

そこに防腐剤や着色剤を加え、成型したい型に流し込んだりして

装飾皿や容器、仮面やそしてなんと家具など重量が加わる物にも


応用し作られてきました。





いったんパルプ化し、乾燥して固化すると大変丈夫になり、


日用品にも耐えうるものになるのですねわーい(嬉しい顔)




現在では小さなものだとミキサーで混ぜて基礎となる土台にパルプを張り付けて装飾を施し、


クラフトとしても楽しまれているようです






私たちはもう少し手軽に身近な風船を土台に、薄い紙を張り付けて


猫の形にしてみましょう




01.jpg


風船に薄~い紙を何層にも貼り付けます




DSC_0032.JPG

猫のフォルムってどんな形だったかな?



頭と体を張り合わせ、自分のイメージする形にするのに




みんなとっても真剣そのものexclamation





DSC_0037.JPG



紙の制作でよいところは、丸めたりちぎったり張り合わせたりが容易なこと、


そして何より子ども達の手で試行錯誤するのにぴったりの身近な素材ですね



06.jpg


一番楽しいのはやっぱり顔の表情を作る部分





05.jpg





お耳やしっぽを付けたら



いろんなお顔の表情の猫ちゃんが誕生しましたるんるん







07.jpg


DSC_0207.JPG


DSC_0209.JPG



DSC_0211.JPG

あれれ、お疲れですか・・・






DSC_0323.JPG

お茶でもどうぞ・・・





DSC_0155 - コピー.JPG

昼間の光にたたずむ後ろ姿もキュートだけれど・・・






DSC_0149.JPG


暗闇の中の猫ちゃんも怪しげな雰囲気がいい感じ・・・






DSC_0147 - コピー.JPG




最後にLEDランプを入れて、完成ですわーい(嬉しい顔)








いつもより長い制作時間でしたが、


みんなあきらめずに最後まで頑張りました手(グー)









ライトを灯したらお家の中やテラスに飾って



夏の夜を楽しんでくださいね











Y.N


posted by TAS at 23:08| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年06月16日

Stump!Stump!トートバッグ制作


今回は、小学生を中心に、葉っぱのスタンプでトートバッグづくりをしました。








葉っぱに絵の具を塗って、布にのせた後、ローラーで抑えると・・・







DSC_3230_edited.jpg



こんなに綺麗に、葉脈と形が浮かび上がるのです。



コツは絵の具を溶く水分量。



それによって、葉の表情が変わってきます。



DSC_3253_edited.jpg



DSC_3260_edited.jpg



DSC_3236_edited.jpg



DSC_3227_edited.jpg



ローラーで上から抑えるのは、版画でも行われる手法です。



版画の版を重ねるのと、スタンプを重ねるのは、



方法としては、同じことをしています。



絵の具などで描くドローイングとは、



また違うテクスチャを楽しむことができ、



色の重なりの面白さや、



葉っぱを取るまで仕上りがわからない、



ドキドキ感があります。



DSC_3249_edited.jpg



DSC_3242_edited.jpg




ところで、葉っぱの葉脈って、



とっても綺麗な形をしていると思いませんか?









葉脈のような分岐構造は、フラクタルという幾何学模様をしています。



フラクタルとは、部分と全体が自己相似をしている図形のこと。



葉脈の他にも、木の枝、川の蛇行、稲妻や海岸線などは、



フラクタル図形をしています。



自然の中には、数式で表せられる幾何学模様がたくさんあって、



巻貝やひまわりの螺旋はフィボナッチ数列に基づいていますし、



私たちの人体は黄金比で構成されています。








自然を美しいと感じるのは、



人知を超えた数学の美が隠れているからなのです。



何気ない葉っぱも、こうやって作品として丁寧に取り扱ってみると、



その美しさの秘密がわかってきます。




posted by TAS at 14:50| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年06月08日

お菓子屋さんになろう Putit sweets craft with handmade dough clay


今回は、小麦粉で作った粘土で、お菓子づくりに挑戦してもらいましたバースデー手(グー)



小麦粉粘土は、食べられる素材のみでできているので、



幼児のお子様でも安心して遊ぶことができます。



食紅で色をつけて、お菓子職人になったつもりでスイーツづくりに挑戦exclamation



DSC_3269_edited.jpg




DSC_3276_edited.jpg




DSC_3277_edited.jpg




洋菓子専門のお菓子職人のことを、フランス語で「パティシエ」、



女性の場合は「パティシエール」と呼びますが、



パティシエたちは、お菓子の味の美味しさを追求するだけでなく、



色彩や形などの見た目の美しさにもこだわって、



新しいお菓子を創り出すため、創造力を働かせます。



DSC_0036_edited.jpg



DSC_3222_edited.jpg



パティシエが日々の成果を発揮する場として、



国内外で数々のコンテストが開催されており、



出品されている作品は芸術作品と言っても過言ではありません。



DSC_3278_edited.jpg



DSC_3279_edited.jpg



stu3.jpg



お菓子は、毎日のごはんとは違って、欠かさず食べるわけではないけれど、



特別な時に頂くことで、より一層美味しく感じれらますよね。



そういう意味では、贈り物にもなる、特別なものですプレゼント



パティシエたちは、食べてくれる人に喜んでもらうために、



細部にこだわって作ります。



お菓子作りも、アートの工作も、「ものづくり」という意味では同じ、



大切な何か、誰かを想う気持ちから生まれるのかもしれません。



DSC_0004_edited.jpg



DSC_0012_edited.jpg



DSC_0159_edited.jpg



DSC_3383_edited.jpg



DSC_3224_edited.jpg



DSC_0022_edited.jpg



子どもたちに、「誰にあげるの?」と聞いたら、



「ママにあげるの!」



「父の日にパパにあげる!」



といった回答が返ってきましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)



子どもたちはすでに、パティシエの気持ちになって



ものづくりに取り組んでいたようです。



DSC_3403_edited.jpg



DSC_3413_edited.jpg
posted by TAS at 18:18| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年04月21日

オリジナルミニ紙芝居を作ってみよう

いつの時代もこどもたちの心を掴んで離さない紙芝居。



その歴史の古い紙芝居は、



もともとは江戸時代の「のぞきからくり」という、箱の中の絵を 数個の箱の穴からのぞいて楽しむものや



光を操り映像を楽しむ「写し絵」から派生したようです。




昭和5年頃に移動しながら駄菓子を売る「紙芝居屋」が




こどもたちを呼ぶために街頭で紙芝居を読んで大流行りしますが、




昭和15年頃になると 戦争の影響などにより激減してしまいます。



悲しいことですねもうやだ〜(悲しい顔)




たまに教室でスタッフが作った紙芝居をよむことがあります。



そのときにみんなにも聞いてみました耳



「みんなも紙芝居作ってみたい?」



すると、即答で




「作ってみた〜い!!!」



ということでオリジナル紙芝居作りに挑戦パンチ







DSC_1565_edited.jpg




@まずはじめにストーリーを考えます。



どんなテーマで主人公はだれ?



起承転結についても説明をします。





A次にストーリーに沿ったラフ絵を描きおこします。




DSC_1564_edited.jpg










DSC_1561_edited.jpg







ラフ絵をみながら、「これでいいかな〜?」



流れを確認exclamation





Bストーリーと絵が決まったら本番の紙に絵を描いて色もつけていきます。





DSC_1728_edited.jpg









DSC_1747_edited.jpg





どうやら面白そうな作品が出来上がりそうexclamation&question





Cそして大事な文章を絵の裏がわに書いていきます。




順番は大丈夫かなexclamation&question





最後に教室が用意した紙芝居舞台に好きな絵を描いてセットして。。。。。





完成ですぴかぴか(新しい)





DSC_2445_edited.jpg






その後はみんなで披露しあいます。





でも恥ずかしくて嫌がるお友達は、聞き役耳ですわーい(嬉しい顔)






DSC_2135_edited.jpg






DSC_2138_edited.jpg





みんなのお話には起承転結をちゃんと意識した、




最後の感動的なオチやユニークなオチががありましたかわいい





DSC_2148_edited.jpg





そんなみんなのお話を食い入るようにきくお友達たち。





DSC_2133_edited.jpg






それぞれの作品を見て知ることを共有することで




新しいお友達の発見もたくさんあったね。





発表することは恥ずかしいけれど、




勇気を出して頑張った自分の作品を見てもらうことは





みんなの意見も聞けるし、反応も見れる。




帰ってくるものは、とても大きかったねぴかぴか(新しい)




DSC_1730_edited.jpg









DSC_1731_edited.jpg








もっぱらテレビの時代である今を生きる現代の子どもたち。。。。




一体どんな紙芝居を作るのかな。。と楽しみにしていましたが、





やっぱりみんなの柔軟な感性で作られるストーリーやその絵は




度肝を抜かれるほど 面白くて 感動的でした。





ちょっと今回は時間がかかる大変な挑戦だったけれど、





また一つ、大きな価値のある、小さな宝物ができましたわーい(嬉しい顔)





また、先生もみんなが楽しんくれるような紙芝居作るからねリボン





T.N




posted by TAS at 12:21| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年04月16日

Happy Easter 2017

DSC_2009.JPG

今年も皆からのリクエストが多く、卵からイースターエッグを制作しました



3月、4月は卒業と入学、学年も一つ上がり、アトリエでもイースターの時期が来ると



春が来たのだなあ と感慨深く思います揺れるハート





DSC_1833.JPG
せんせいの手元を真剣に見つめる子供たち




今年は作り方を少し変えて、小さなお子さんでもほとんど失敗せずに生卵から

作る方法を考えながら進めました




DSC_1824.JPG





毎年作ってきた子はお家にひとつずつイースターエッグが増えてきて

いるとのこと


今でも大切にしてくださっていると聞き感激しましたexclamation




DSC_2048.JPG

色とりどりのエッグが空間を明るく彩どってくれます






DSC_2055.JPG
取り出した卵はパンケーキに








DSC_2015.JPG

色紙でバスケットも一緒に作り




DSC_2065.JPG



DSC_2059.JPG


割れないようにエッグを入れて、そっと持ち帰りましょう





DSC_2056.JPG





4月はいろいろなことがスタートし何かと忙しい時期ではありますが




みんなの作品が集まると

より一層、春光うららかな季節に感じられました晴れ



新しい生活が皆にとって充実したものでありますように・・・・グッド(上向き矢印)









Y.N
posted by TAS at 00:02| Comment(0) | 工芸・デザイン

2017年04月13日

お花のポンポン作り

4月に入り、東京ではソメイヨシノが満開を迎え始めました。




お子様たちは入学、進学を迎え、気持ちも新たに一つ成長した顔を見せてくれました。





そのような折、今回の工作では、お花のポンポン作りを行いましたかわいい






DSC_2513_edited.jpg










DSC_2416_edited.jpg






薄紙を折り重ね、一枚一枚丁寧に開いて作ります。



まるで桜の花びらのように、繊細な紙を扱います。



色も紙の順番も、子どもたちに選んでもらいました。






DSC_2381_edited.jpg








DSC_2386_edited.jpg






花びらの先端は、自由な形に切ってもらいます。



丸い花びらやギザギザの花びら、開いたらどんなお花になるのかな?




小さなお子様には、ハサミを使う練習にもなりました。







DSC_2428_edited.jpg







大きなポンポン作りにも挑戦exclamation




みんなの顔の2倍はある大きさだねわーい(嬉しい顔)






花びらを開くのが大変だったけど、上手にできました。





同じ薄紙を使って、リボンや蝶を作った子もいますリボン






カラーペンやスパンコールで装飾したり、蝶には触角もつけましたグッド(上向き矢印)




こちらも可愛いものができました。






DSC_2408_edited.jpg





大きさにバリエーションをつけて作ってみました。



3つを紐で繋げたら、お部屋に飾れるようなモビールにもなりまするんるん




どうでしょう?お店に置いてもいいくらい、オシャレな仕上りですぴかぴか(新しい)




街が華やぐ季節には、こんな工作で季節を感じることもできます。






DSC_2514_edited.jpg




みんな、お家で飾ってキラキラ春を楽しんでくださいねぴかぴか(新しい)かわいいぴかぴか(新しい)







posted by TAS at 12:19| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年12月13日

葉っぱのお皿

12月も早いものでもう中旬となりました


今年は例年より寒さが厳しいですが、紅葉がとても美しいですね

DSC_0227 -.JPG
アトリエの近所の公園に葉っぱを拾いに行きました


私たちのアトリエの近くの公園や街路樹にもさまざまな落葉樹が見られます




DSC_0233.JPG
桜の葉も美しく紅葉していました



都心の街路樹の植栽にはイチョウが多くみられますが、この時期は黄金色に輝き


いつもの見慣れた風景や街並みがぐんと鮮やかに彩られ、わたしは毎朝とても嬉しくなりますわーい(嬉しい顔)



ちなみに、東京都の木はイチョウ

都民投票を行い、3種の候補のイチョウ、ケヤキ、ソメイヨシノの中からイチョウに決定し、

昭和41年に発表されました

火や公害に強いことから街路樹に多く植えられているそうです
(参考:東京都HP)




そんな美しい葉っぱを使ってこの時期ならではのクラフトを制作しました



DSC_0396.JPG

葉っぱのお皿やボウル




DSC_0440.JPG

DSC_0410.JPG
木の実もマスコットに





DSC_0414.JPG



DSC_0448.JPG

ライトを入れた灯り





DSC_0411.JPG
おやこクラスでは鳥さんも





DSC_0205.JPG





だんだんと冬支度をする樹木の葉っぱは落ち始め、

木の根っこは土からの養分を蓄えているようです




また冬を越すと木々の芽が顔を出しまた来年には青々としたはっぱを

つけることでしょう



DSC_0443.JPG


Y.N














posted by TAS at 12:36| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年12月02日

ミニチュアシューズを作る



実際にあったらいいなという靴のデザインが決まったら、さあ作りはじめてみようexclamation×2




DSC_1309.JPG
靴のパーツを一つひとつ丁寧に分解しながら彩色をします
どんな素材を使おうかな~~







ユニークな靴がたくさん生まれましたるんるんるんるん






DSC_1420.JPG

DSC_0031.JPG


DSC_1391.JPG




DSC_1356.JPG



DSC_1355.JPG



DSC_1412.JPG
大好きな新幹線をデザインした靴も





DSC_1350.JPG

DSC_1408.JPG




DSC_1395.JPG

DSC_1410.JPG
「履けない靴だよ」



DSC_1392_edited.jpg


DSC_1345_edited.jpg




眺めているだけでとても楽しい気分になりますね




皆さんの発想力には本当に驚かされました






Y.N




posted by TAS at 23:02| Comment(0) | 工芸・デザイン

ミニチュアシューズデザイン

たくさんアイディア出せたかな



DSC_1132.JPG
私たちの足のことについて少し知ったら、今度は実際に靴をデザインしてみましょうグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)







ファッションデザインの中でも靴のデザインは特に

〇目的 〇履き心地 〇履いていく場所 〇服に合わせたデザインなどなど、

履く人のスタイルを想定しながらデザインされることが多いようです





靴に使われる素材や製法が進化する中でみなさんはどのような靴を選びますか?

お店では履いている自分の姿を想像しながらじっくりと考てから購入しますね


そうして私たちのクローゼットの中には多彩な靴が並んでいるのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)




デザイナーになったつもりで、自由な発想で、どれだけたくさんのアイディアが出せるかな?


DSC_1125.JPG




たくさんアイディアがあった方が選ぶ人の気持ちも豊かになるかもしれません




DSC_1056.JPG





次回はデザインした図をもとに実際に作ってみましょう






Y.N







posted by TAS at 22:40| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年06月25日

創作折り紙~折り紙の世界





DSC_9676.JPG

恐竜―イグアノドン(吉澤彰さんのカタログの折り方紹介から制作したもの)





折り紙は、普段から子どもたちに人気のクラフトわーい(嬉しい顔)


アトリエでの制作が早く終わった時は、皆で折り紙を楽しむひと時もあります


DSC_9925.JPG

普段から折り紙に親しんでいる皆さんですが、折り方は、誰から教わったのかな?







私は以前、とても興味深く楽しんだ展覧会がありました。



吉澤彰さんの米寿記念で開かれていた、某デパートでの「ORIGAMI」 の展覧会です。




DSC_0063.JPG
(吉澤彰「創作折り紙展」よりポストカード)



これが本当に紙一枚で折られたものなの??と、

驚くような作品が数多く展示されていました目




吉澤彰さんは、1911年栃木県に生まれ、近所のお姉さんが作ってくれた「船」に感動し、

折り紙の世界に魅せられたそうです。


仕事をしながら自分独自の折り方を追求し、「創作折り紙」の世界に取り組み

世界各国で折り紙を紹介されてきました。



吉澤彰さんの言葉です


「文化、芸術に優れた伝統を有する日本伝統に培われた私は、紙を折るだけで形作ることに

専念してきました。

自然界の法則性や幾何学を縦糸に、私の感性を横糸としえ絡ませ、折り線の構成を試み、

創作を続けています。」







DSC_9952.JPG
私たちも、誰の折り方でもない、自分のオリジナルの折り方を考えて

大きな紙で創作折り紙をしてみましょう






両手を広げた位の大きさの折り紙



谷折り、山折、 かぶせ折り、.....、設計図に書いてある点線の読み方など



基本の折り方を学んだら、今度は自由に想像をはたらかせてみましょう





DSC_0058.JPG

「象がいいな」



「鼻を長くするにはどこを折ったらいいのかな?」




DSC_0014.JPG

大蛇の動きがユーモラス






DSC_0071.JPG

「ペンギンだよ〜」




DSC_0018.JPG
「色紙でおめかしウサギさん」





DSC_9993.JPG




DSC_0020.JPG




DSC_9999.JPG







シンプルな折り方からも紙に「膨らみ」をもたせたり、


あえて曲げてみたりするだけで、まるで彫刻作品のように変化する紙の自由自在さ、素材のすばらしさに


感心しました。






手を動かして、最後まであきらめずに自分の作りたい形をイメージしながら取り組む力は



みなさんにとってきっとこれからも大きな自信につながっていくことと信じています。










Y.N















posted by TAS at 18:48| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年05月26日

花束を作るA

DSC_9335_edited.jpg

色付けから花の形作りまで

贈る相手のために思いを込めて作った花束


DSC_9443.JPG

ブーケに仕立てます

DSC_9392.JPG

なんとなく和風の色合い

ブーケの仕立て方が独創的で素敵

DSC_9374.JPG
DSC_9391.JPGDSC_9367.JPG

造花の葉や、茎の部分を上手に使っています

DSC_9373.JPG

幾重にも紙を重ねて

芥子の花のよう。美しいですね。

DSC_9385.JPG

よろこんでくれるかな・・・


DSC_9359 (2).JPG






やっぱり花は、人を笑顔にしますね。


DSC_9372 (2).JPG

みんなの想いが伝わりますように・・・




posted by TAS at 12:20| Comment(0) | 工芸・デザイン

花束を作る

草木や花々の緑が、目に鮮やかな季節になりました。

DSC_9371.JPG

4月後半のキッズクラスの課題は、

「花束を作ろうぴかぴか(新しい)」です。


進学、父の日おく母の日、誕生日など

お祝いごとの続くこの季節。

プレゼントに送る花束を作りましょう。


誰にあげるのか。

何故あげるのか。

どうやって渡すのか。

どんな花が、色が好きかな・・・?


相手の事をじっくりと考えてから、
制作開始でするんるん


DSC_9244.JPG

今回は「クレープ紙」を使いました。

細かくしわのある紙で、しわを伸ばすことによって
様々な表現が生まれます。
繊細な花びらの表現にぴったりの紙。


DSC_9332.JPG



サインペンで色をつけたら・・・


DSC_9243.JPG

水に浸してにじませます。

水やサインペンの塗り方で、様々な色生まれますぴかぴか(新しい)



DSC_9237.JPG

色をにじませる作業は大人気!
みんな沢山作ってました。

あっという間に教室の天井が賑やかにわーい(嬉しい顔)


DSC_9333 (2).JPG

紙が乾いたら、いよいよ花を作りましょう。




花びらごとに切ったり、くるくる巻いてバラにしたり。

DSC_9332 (2).JPG

自然にグラデーションに色付けされたクレープ紙が、

どんどん立体の花に変身していきます。


基本的なお花の作り方を講師から聞き一輪作ると、
二輪目からはみんな独自の作り方を始めます。

こんな作り方があったのか!
と講師が驚くほど。

DSC_9347.JPG


自然にグラデーションになったクレープ紙。
重ね合わせると深みのある美しい色合いになりました。





DSC_9434.JPG



DSC_9441.JPG

沢山つくったら、ブーケにしたてましょう。

カードもつけましょうね

DSC_9442.JPG

よろこんでくれるかな・・・黒ハート



posted by TAS at 11:37| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年04月07日

イースターエッグの制作B

カラフルなたまごたち、
完成しました!


DSC_8831.JPG

リボンとビーズで飾って、豪華に。
下地の色とリボンの色の組み合わせがとてもきれい

DSC_8841.JPG

たまごからうまれたひよこぴかぴか(新しい)

なんともかわいらしい表情です

DSC_8895.JPG

シンプルに。

下地の白は何度も重ね塗りをしていました。
細い筆でとても丁寧に描いています


DSC_8905.JPG

こちらのイースターバニーのお耳はフェルトで。


DSC_8906.JPG

細かくちぎった折り紙を何度も重ね貼りした力作。
ニスを何度も塗って美しい光沢がでました。


DSC_8847.JPG

全員集合。
どれもそれぞれの個性が光る楽しい卵ができました。


毎年恒例となっている、この時期のイースターエッグ制作。

何回目かのお子さんが、初めて制作する子にコツを教えていたり、
ひび割れた時の隠し方を伝えていたり、
装飾時にこうしたらああしたらとアイデアを出し合ったり、
ほほえましい様子が見られました。

パンケーキの甘い香りとともに、スクールでの楽しい思い出となりますように。

また来年もお楽しみに。







posted by TAS at 13:51| Comment(0) | 工芸・デザイン

イースターエッグの制作A

中身を取り出した卵たち。

きれいに洗って、乾燥させました。

DSC_8624_edited.jpg

食紅で色を付けたり、


DSC_8837.JPG



お気に入りの模様を描きこんだり



DSC_8836.JPG





キラキラ飾りで装飾したり!




DSC_8658.JPG

丸くて転がる卵。

色を付けるののは大変です。


彩色途中で割れてしまう卵も・・・・!


諦めずに、二個、三個とチャレンジしました。



丈夫にするため、ニスを何度も重ね塗りします。
ニスのつやがガラスのような効果をもたらし
彩色したアクリル絵の具がきれいに混ざりあい、輝いて見えてきます。

DSC_8838.JPG

あと何回かニスを塗ったら、リボンをつけて完成です。
楽しみですね〜
posted by TAS at 13:39| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年03月31日

イースターエッグの 制作 イースターエッグの制作 @

かわいい今年もイースターエッグ制作の季節になりましたかわいい
初めての子も、一年ぶりの子も、待ちに待ってた制作、

だって・・・・


ぴかぴか(新しい)パンケーキ!ぴかぴか(新しい)


をみんなで焼いておやつにいただくから!!


この季節は教室が甘い香りに包まれますわーい(嬉しい顔)





DSC_8624_edited.jpg

まずは、卵の中身を取り出しましょう。



DSC_8648.JPG

卵の天地をやすりでけずって、
薄くなったら竹串でつつき、穴をあけます


DSC_8651_edited.jpg

やすりの力加減が難しい所です。

「もうすこし薄くなるよ!」

DSC_8631.JPG


くしでつついて、中身を全部取り出したら・・・

DSC_8654_edited.jpgDSC_8654_edited.jpgDSC_8654_edited.jpg



いよいよ・・・・




DSC_8632.JPG


パンケーキを焼きましょう!

DSC_8641_edited.jpg

はちみついっぱいかけちゃおるんるん


みんなで作って一緒に食べるおやつはどうしてこんなにおいしいんだろう


次回は卵に装飾をしていきますぴかぴか(新しい)













posted by TAS at 13:32| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年03月10日

パタパタ絵本の制作

素敵な表紙がたくさん生まれたので、
今回は表紙特集をお届けします。


1.JPG

厚紙を貼ってから、好きな素材で表紙を飾りました。


2.JPG

3_edited.jpg

ページを開くのが楽しみぴかぴか(新しい)

4_edited.jpg

シンプルなのものも。

大人っぽい素敵なデザイン

5_edited.jpg

造花でデコ表紙。

宝箱のようですね、

7_edited.jpg

8.JPG

リボンを使って。

キレイにボンドで留める作業を頑張っていました。

9_edited.jpg

世界にたった一つの絵本。

完成です。








posted by TAS at 12:52| Comment(0) | 工芸・デザイン

パタパタ絵本の制作A

絵本作り、力作完成しました!


1.JPG

お話作りも頑張っていましたが、
今回は

じゃばらおりや、
製本作業が難しかったようです。


2.JPG

正しく折って、
絵の部分もきれいにハサミで切り取らないと、
ページからはみ出してしまいます。

一個一個丁寧にがんばりました。
きれいなパタパタ絵本になりましたね。

3_edited.jpg

10階でまっていたのは愛がいっぱいの仲良し家族ぴかぴか(新しい)

一階から9階まで、雨や雪、嵐を超えて登っていくと現れます。素敵。


4.JPG

パステルを使って。

赤系でまとめた色の使い方が美しいですね


5.JPG

10階にいたのは大きな鳥さん!



6_edited.jpg

進化する家

一階で噴火が起こり、10階では街が誕生。


7.JPG

細部まで一つ一つ、
丁寧に描きこまれています


8.JPG

上へ行く方法がすべて違う家。

切り絵をしたり、着彩の素材にも工夫しました。


どこまでもひろがっていく子供たちの家。

今回、言葉は無しとしました。

絵だけ見てから講師が話の内容を聞くと、
そうだったのか!と目からウロコのストーリーがたくさん。

ぜひ、お子さんから直接お話の内容を聴きつつ、
パタパタと絵本をめくってみてください。









posted by TAS at 12:43| Comment(0) | 工芸・デザイン

パタパタ絵本の制作@

1.JPG

2月のキッズ、幼児と小学校低学年生の課題は

パタパタ絵本の制作です!



みんなが大好きな絵本、

いわいとしおさん著の「100階建ての家」
を読んで、

「10階建ての家」

の絵本を作ります。


少々階数が少ない?わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

中身の濃い10階建てを目指します!



2_edited.jpg

表紙も作って、リボンをつけて

3.JPG

パタパタ式に製本する予定です!





4.JPG


まずはみんなで一緒に絵本を読みましょう。

良く知ってる絵本ですが、
みんなで一緒に読むと新たな発見が。


5.JPG

壁のかたちが全部違うんだ〜

階段の形も違うんだよ


次の階には○○がいるんだよ!

賑やかな絵本読み会わーい(嬉しい顔)



どこに建っている家かな?
誰が住んでいる家かな?

10階には何があるのかな?




一階一階、工夫して
それぞれ違う部屋を描いてみましょう

7_edited.jpg

言葉は書き込まず絵のみで仕上げます。

ストーリーは著者本人からお話ししてもらいます。




完成が楽しみです!










posted by TAS at 12:26| Comment(0) | 工芸・デザイン

2016年03月05日

レターセットのデザインA

DSC_8525_edited.jpg

レターセットのデザインハートたち(複数ハート)

完成作品をご紹介します。



上記はあひるの封筒。
くちばしの中に住所欄があるアイディアわーい(嬉しい顔)
インパクト大!


DSC_8529.JPG

ロケット型封筒

スタンプで惑星もデザイン。

男の子の夢ワクワクのレターセットるんるん


DSC_8506_edited.jpg

DSC_8509_edited.jpg


バレンタインの時期でもあり、ハート柄をデザインした子も多かったです。

大きく描いたり、
小さくたくさん配置したり、

ハートの表現はお子さんそれぞれ黒ハート



DSC_8508_edited.jpg

線入りの便せんに葉をちりばめて。
美しいですね。


DSC_8524_edited.jpg

こちらは開いてなかの便せんを出すと出てくる絵。

ほっこりしますねるんるん


DSC_8532_edited.jpg

バラのレターセットかわいい
印刷すると、深くいい色合いになりました

DSC_8603.JPG

色の使い方がキレイぴかぴか(新しい)

DSC_8570.JPG

切り紙を使ったデザイン。

こちらのキラキラ紙は、コピーするととても
幾何学的な面白い模様に!発見!サーチ(調べる)

DSC_8596.JPG

男の子の作品

無駄のないすっきりとしたデザイン。
洗練されてますペン

DSC_8559.JPG

こちらも男の子

大好きな宇宙がテーマ。
とても見ごたえがあります。


今回は印刷をすることによって、
色や模様の見え方にみんな一喜一憂。
納得するまで手を加えたり、
思いもよらない色の出方に驚いたり喜んだり。


出来上がった作品を、
おじいちゃんに送るんだ

引越しした友達に送るんだ

と、大事に抱えて持って帰ってくれました。




みんなの思いも届きますように揺れるハート





















posted by TAS at 16:55| Comment(0) | 工芸・デザイン