2020年02月29日

動物画を描く(小学生)

2月の後半は前回学んだ水彩絵の具のテクニックを使って、動物を描きます。

今回のポイントは、白い場所に絵具の白を使わない事!

「え〜、じゃあ、どうやって白くするの〜??」
各曜日同じが質問が返ってきました(笑)

答えは、紙の白を残す、です。

みなさんが使っている水彩絵の具の白は不透明色なので、水彩絵の具の魅力である透明感を半減させてしまう可能性があるのです。
白は色を作る時に使うことが多いので、さほど出番がないといえば...ない色ではありますアート

DSC_9192.jpg
色を薄くしたいときは、こちらも白を混ぜるのではなく、水をいれます。
そして乾かないうちに他の色を乗せることで、水となじんでふわふわの毛並などの表現ができます。

さて、どんな作品ができたか見てみましょう目
DSC_9188.jpg
狼と山猫!どっしりとした感じが出ていて、毛並も細かく一筆一筆丁寧に描かれています。

DSC_9196.jpg
笑っています^^
キラキラした大きな目が印象的です。

DSC_9197.jpg
桜の木に止まっている小鳥。
桜のぼかしがとてもうまく、メインである小鳥が目に飛び込んできます。
学んだテクニックを色々使えています。

DSC_9199.jpg
こちらもぼかしを効果的に使って、水の表現がよくできています。
クロコダイルの鱗まで細かくかかれています!
草むらもドライブラシの技法を使っています。

DSC_9203.jpg
緑と虎の黄色のバランスが良いですね!
少し眠たそうな虎も可愛いです。

DSC_9205.jpg
孤高の狼の雰囲気がよく伝わってきます。
横顔も特徴をよく捉えられていて、着彩もぼかしが効果的に使われています。


DSC_9206.jpg
コアラの毛並とその枝のグラデーションで立体感が出ています。。
コアラも笑っていてかわいいですね。

DSC_9237.jpg
白い毛がふわふわです。さわり心地まで想像できそうです。

DSC_9229.jpg
シマウマやキリンなど柄がある動物をかくのは、忍耐が必要です。
乾く前に縞々をいれてしまうと...にじんでしまってメリハリがなくなってしまうのです。
こちらは、綺麗にできましたね!
水彩画は乾くまで辛抱強く待つという苦行(?)もあります。
よく、耐えられました(笑)


最後に講師のサンプルです。
こちらの絵には白は使っていません。
毛並の白や目の光の部分は、紙の白を残しています。
sample.jpg
数をこなしていけば、絵具の乾き具合を見て、どのタイミングで色を入れると、どのような効果になるか...などが把握できるようになってきます。
そうなると、一層水彩絵の具使って絵を描く事楽しくなってくると思います。
次回も水彩絵の具の課題がつづきます。

がんばってマスターしていきましょう!

何かと心配な情勢ではございますが、事態の早期の終息を願い、また全国の羅患された方々にお かれましては一日も早い回復とお見舞を申し上げます。

EH




posted by TAS at 15:07| Comment(0) | 日記

2020年02月27日

抽象画を描く(幼児)

少し時間が空いてしまいましたが。

2月の後半は前回学んだ水彩画のテクニックを使って、抽象画を描きます。

抽象画を描こう!と言ってもなんのことやら???

という事で、はじめに抽象画がどんな絵なのかという説明から始めます。

そしてその後、描きたいイメージを膨らませて描いていきます。

子どもたちは、何かを思いついた後、すぐに筆を走らせ始めます。
その迷いのない事と言ったら、大胆ですわーい(嬉しい顔)


DSC_9185.jpg
こちらは、海をイメージして描いているようです。
たくさんの色がありますね。
まるで竜宮城みたいです。

DSC_9388.jpg
完成!


DSC_9186.jpg
大きな火の玉だそうです!
太陽のような力強さが伝わってきます。
吹き流しを上手く使って描いていますね。

DSC_9187.jpg
デカルコマニーとバチックを使っています。


DSC_9389.jpg
好きなものだそうです。
色の組み合わせが優しいですね。

心や頭の中のイメージを色や形で表現するのは面白いですね。

このような時期なので、教室で作ったり描いたりして楽しかったことをもう一度、ご家庭で復習してみるもの良いかも知れません。

抽象画は絵の具を使わなくても、折り紙や色紙、雑誌の切り抜きなどを使って表現しても面白い作品と出会えそうです。

何かと心配な情勢ではございますが、事態の早期の終息を願い、また全国の羅患された方々にお かれましては一日も早い回復とお見舞を申し上げます。

EH

posted by TAS at 13:51| Comment(0) | 日記

2020年02月20日

紙で作るコスチューム・昆虫デザイン(小学生)

1月の後半は、切る、曲げる、折るなどの紙の特性をいかし、半立体の作品をつくります。いろんな質感の紙も用意し、手でちぎったり、丸めたり。


お次は小学生クラスのご紹介です。
小学生のコスチュームデザインは具体的なテーマが多くみられました。

例えば、どこかへお出かけする時の服装、特別な日に着たい洋服。
成人式での着物?!など。

昆虫に関しては、綺麗な色の虫の表現方法や、以前習ったことを取り入れたり、背景にこだわったり。
1つのデザインとして捉えている子が多くいました。

さてさて、実際の作品を見てみましょう。

DSC_8996.jpg
こちらは、リボンの柄をいかしたストライプのトップスにバルーンのようなボトムスとのバランスがとても素敵です。

DSC_9014.jpg
メッセージもはいっていますね。デートかな?ハートたち(複数ハート)

DSC_9114.jpg
こちらは着物。細部も丁寧に作れています。

DSC_9123.jpg
スポーティーですね。
スニーカーのディティールがかっこいいです。


DSC_9169.jpg
こちらは骨骨!
とても独創的なコスチュームです。袖やボトムも骨のデザインです。
ステージに立つミュージシャンのようですね!

DSC_9174.jpg
こちらは小悪魔でしょうか目
スカートの裾と袖口のデザインも立体的でこんな洋服があったら面白いですね。

お次は昆虫。
DSC_9155.jpg
立体にした木にいろんな昆虫がとまっています。
甘い蜜をみんなで味わっているのかな〜。


DSC_9163.jpg
玉虫色のクワガタです。
どうやって玉虫色を表現するのか試行錯誤していました。
とても綺麗に仕上がっています!

DSC_9165 - コピー.jpg
こちらは、昆虫の周をカラフルにデザインしています。
以前教室で覚えた、クイリングも取り入れています!


DSC_9170 - コピー.jpg
まるで本物のような存在感!
てんとう虫さんにげて〜!!!



最後に講師のサンプルをご紹介。
DSC_9201.jpg
DSC_9202.jpg
子どもたちの作品に触発されて、また新しく作りたくなりました(笑)

EH
posted by TAS at 12:06| Comment(0) | 日記

紙で作るコスチューム・昆虫デザイン(幼児)

1月の後半は、切る、曲げる、折るなどの紙の特性をいかし、半立体の作品をつくります。いろんな質感の紙も用意し、手でちぎったり、丸めたり。

女の子はコスチュームデザインが好きかな〜と思っていましたが、昆虫を作りたい子も。その子が好きな方を作ってもらいました。

まずは、幼児クラスからご紹介します。


DSC_9132 - コピー.jpg

これはクモかな?
一番後ろの脚がキラキラしていてかっこいいですね!
クモにはいろんな模様がありますが、その模様をいろいろなアイディアで表現しています。

DSC_9033.jpg
こちらは蝶々。
胴体の部分も立体的に作れています。

DSC_9020.jpg

こちらはカブトムシ。
前足のギザギザまでこまかく観察ができています。角にこだわりを持って作っていますね。
とても強そう!


DSC_8967.jpg
ハサミをつかって細かく切る事も大切です。

DSC_9006.jpg
みんな気を付けながら、器用にハサミを使っていました。

DSC_8970.jpg
とてもゴージャス!
ウエディングドレスかな?
ベールが風になびいているように見えて、花嫁さんのウキウキ感が伝わってくるようです。
とても躍動感があります。


DSC_9128.jpg
こちらもとてもゴージャスです!!
ピンクのスカートが互い違いになっているのがオシャレ!

DSC_9010.jpg
講師に手伝ってもらいながら、とても真剣に取り組んでいます。

コスチュームを作る子は自分が着てみたい服を楽しく作っていました。昆虫組は参考となる昆虫の細部まで見て、それをどうやって表現するかと試行錯誤していました。
どちらの課題も発想力や観察力の練習になっていることでしょう。


今回は子ども達の柔軟な発想をたくさんみる事ができ、講師たちにとっても新鮮な発見や驚きがあって楽しいレッスンとなりました。

最後に講師の作品をご紹介
DSC_9203.jpg
カラフルな昆虫です。
こんな昆虫がいたら昆虫への苦手意識も薄れるかも知れません。

EH
posted by TAS at 11:21| Comment(0) | 日記

2020年01月04日

明けましておめでとうございます


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)2020年明けましておめでとうございますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


旧年中は多くの方に月島アートスクールで受講をいただき
誠にありがとうございました。

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げますわーい(嬉しい顔)


GREETING2020tas.png

今年は子(ねずみ年)ですねるんるん






月島アートスクールkidsクラスの年始は、早くも1月4日(土)10:30-から
スタートしております!


1月はどのようなお正月を過ごしたのかな?

2020年はどんなことに取り組みたいかな?


子ども達とお話しするのを講師一同心待ちにしておりまするんるん











***************************************
(ご注意事項*皆様へ)
ただいま、教室へのメール連絡が年末より受信しづらい状況になっております。
現在受信サーバーの復旧を急いでおりますが、1月6日以降に返信させていただくよう
対応させていただいております。
ご迷惑をおかけしており、誠に申し訳ございませんが、
お急ぎの場合は、090-651-5388までご連絡いただきますよう
お願い申し上げます。
***************************************
続きを読む
posted by TAS at 16:10| Comment(0) | 日記

2019年11月30日

人体の仕組みを学びながら描こう(小学生)

さて、こちらは幼児クラスと同じクロッキーでも...

もう少し人体の作りに踏み込んで描いていきます。

実際にモデルさんを見ながら、講師がコツなどを解説しつつ描いていきました。

学校が終わってからも、なにやらこむずかしい話...
でもみんな絵を描くのが好きなので、真剣に聞いてくれています!

DSC_8623.jpg
細部にこだわって描いていますね!
その隣の後ろ姿に注目すると...
後ろ姿は棒立ちになりがちなのですが、こちらは足の角度や腕の高さの微妙な違いをとらえ、立体感がでています。

DSC_8611.jpg
こちらも後ろ姿。
何度も描きなおしている姿勢が素晴らしいです。

DSC_8577.jpg
洋服の裾一つとっても、実は真っ直ぐではないことに気づいていますね!

DSC_8571.jpg
足がとても大きい!良いことですね。
手と足は顔の表情と同じくらい感情を伝えるパーツです。
そのため、手足を大きく描くということは基本の一つでもあります。
かのゴッホも大きく描いていましたよ!

コツとしては、自分が思っているサイズの1.5倍で描くと、
絵としてバランスが良くなります。

DSC_8628.jpg
どのモデルさんもどのような体勢かが一目瞭然です。
座っているモデルさんの椅子の遠近感が正確ですね!

平面に人物という立体を描き写すというのは、骨格や筋肉を理解することが基本となってきます。これを会得するためには、やはり描く!それ以外ないです...ねふらふら

小学生になると、イーゼルを使う子も多くなります。
テーブルを使って描くよりも、イーゼルを使う方が被写体と画面の移動が目だけでできるので、被写体から目を離す時間が短くなり、画面に正確に落とし込みやすくなります。

来年はイーゼルを使う機会も増やしていきたいですね!

EH



posted by TAS at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年02月07日

木炭デッサン


小学生クラスでは、木炭デッサンを行いました。



木炭は、ヤナギなどの木の炭でできた画材で、



鉛筆と同様に、デッサン等でよく使用されます。



鉛筆と比べると太く濃いタッチになるため、



力強くインパクトのある画風が特徴です。



DSC_5761_edited.jpg



デッサンの前に、まずグラデーションを作る練習をしました。



濃淡の階調が描き分けられるようになるのは、



デッサンでは重要な技術です。



隣り合ったマスの階調が徐々に変わるように木炭を乗せます。



そのわずかな差を見分けられるようになることが、



モノを視る目を養います。
DSC_5762_edited.jpg
DSC_5763_edited.jpg


グラデーションが描けるようになったら、



次はいよいよ、球体のデッサンに入ります。


DSC_5980_edited.jpg


立体感を出すために重要なのは、光の方向を理解することです。



上の写真の場合は、左上から光が当たっていますね。



その場合に一番暗くなる部分はどこになるだろう、



立体感を出すためにはどの部分に濃淡をつければ良いのだろう、



ということを理論的に考えて描きます。



デッサンは、形のとり方や光と影の陰影の付け方にルールがあるため、



そのルールを意識しながら、観察することが重要です。



DSC_5759_edited.jpg




DSC_5760_edited.jpg




DSC_5982_edited.jpg


子どもたちは木炭の使い方に慣れなかったり、



形のとり方、陰影の付け方に試行錯誤しながらも、真剣に取り組み、



球体の木炭デッサンを完成させてくれました。


DSC_6059_edited.jpg



DSC_6060_edited.jpg



DSC_6061_edited.jpg



DSC_5983_edited.jpg


続きを読む
posted by TAS at 12:46| Comment(0) | 日記

2019年01月17日

明けましておめでとうございます門松うりぼう



明けましておめでとうございます。


本年も月島アートスクールは、


地域の皆様がアートに触れ、自分らしさを表現できる場として


心地よい時間を過ごせますように、


講師一同、知識や技術、教授の向上に尽力して参ります。


2019年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



DSC_1046.JPG


posted by TAS at 11:43| Comment(0) | 日記

2019年01月14日

2018年おやこクラスの作品

おやこクラスでは2018年も子どもたちと保護者の方によって

数多くの作品とアートの場、そしておやこの場が生まれました。

〜春〜

2018-10.jpg

前回の制作で描いた紙を細長く切り合わせ、教室の天井から吊るしました

さらにビーズや新たに生まれた生き物たちもぶらりん…

みんなで作るインスタレーションは圧巻でした

2018-7.jpg

そして屋外スケッチ

寒くもなく暑くもない良い季節。道行く人も興味津々でした


〜夏〜

2018-11.jpg

2018-8.jpg

夏は粘土で真っ白なレリーフを作ったり、水を使って

インクを写し取るキャンバスボード作成

そして夏休みには、石川県へ移転の決まった国立近代美術館の工芸館へ

猛暑の中ご参加下さったおやこの皆さま、本当にありがとうございました!!


〜秋〜

DSC_2018-1.jpg

秋にはボナール展の開催に合わせ、ボナールの描いた影を体感したり

大きな落ち葉の葉っぱを作ったり

2018-5.jpg

2018年最後は力作、彩りのクリスマスベルと

くるくる絵本(絵巻物)の制作でした

保護者の方々の暖かいサポートにより

幼い子どもたちの驚きや喜びなどの感性、

力強さが発揮されていったことは間違いありません

2019年もどうぞ宜しくお願い致します

2018-12.jpg






posted by TAS at 14:58| Comment(0) | 日記

2018年10月13日

ハサミを使いたい

朝晩だけでなく、日中も寒い日が増えてきましたね

そんな中でも、子どもたちは驚きや笑顔を与え続けてくれています

1013-2.jpg

おやこクラスではハサミを重点的に使う授業を年に数回取り入れていますが

2歳くらいのハサミを持ったことがない子どもたちほど、「切ってみたい」「ハサミを使えるようになりたい」という

想いが強く、こちらもその想いに答えたいという気持ちが高まります

1013-3.jpg

今回は長い画用紙を切ることから始まります

保護者の方にサポートしてもらいながら、真剣な表情で切っていきます

真っ直ぐに切れなくても、思うようにいかなくても、何度も何度もチャレンジ。

1013-4.jpg

頑張って切った画用紙を中心で留めて

1013-5.jpg

出来上がった紙のボールに顔をつけたらアニマルボールのできあがり!

1013-6.jpg

バネの足も付けました

DSC_1013-1.jpg

ギザギザや細かい部分を切ったり、ハサミの使い方もいろいろです

そしてみんな必ずハサミを使うことが出来ます

ただ決して焦らず、おやこ一緒に楽しい気持ちを持ち続けることが、一番の近道です








続きを読む
posted by TAS at 15:37| Comment(0) | 日記

2018年08月23日

みんなでおもいっきり!

5月は「足」をテーマに制作を行いました。

一回目はみんなの履いている靴を描き、次は「あしあとアート」に

チャレンジです。

足の裏で絵の具の感触を感じながら、あしあとをペタペタ。

思い切り楽しんでほしい想いで、みんなで取り組みました。

DSC_4062.JPG
白い所を探してペタペタ

DSC_4064.JPG
最初は躊躇していましたが…もう夢中です

foot1.jpg
自分の足にも描いちゃおう!

だんだん自分らしく、のびのびと行動することを子供たちは思い出します。

身体と心が連動し、自然と表現活動が生まれていきます。

DSC_4065.JPG

最後はにっこり笑顔。どこにあるかわかりますか?

これからも、たくさんの笑顔が見られますように。




続きを読む
posted by TAS at 14:22| Comment(0) | 日記

2018年05月24日

ヒンメリ制作〜北欧雑貨を楽しもう



「ヒンメリ」って知っていますか?



「ヒンメリ」とは、フィンランドの冬至祭(ヨウル)で施される



麦わらの装飾品です。



12世紀にスウェーデン領となった頃から広まり、



クリスマスの装飾品としても親しまれてきたそうです。



DSC_3822.jpg



麦に糸を通し、その長さや組み合わせ方によって、様々な多面体を作ります。



麦は豊穣のシンボルであり、多様な精霊が宿るとされてきたので、



その麦を材料に作られることは、



豊穣や幸福を願うという意味合いがあります。



今回はその、遠い北の国で生まれた、魅惑的なヒンメリ作りを行いました。



DSC_3873.jpg



でもこの形、実際作るとなると、ちょっと頭をひねらなければなりません。



三角形をたくさん繋げていって、どことどこを結べば形になるのだろう?



と、考えることもヒンメリ作りの楽しみです。



DSC_3772.jpg



基本の正八面体の作り方は講師が指導しましたが、



マスターしたら、オリジナルの形を考えて作っている



生徒さんもいらっしゃいました。



DSC_3830.jpg



糸が緩まないように気を付けたり、結び目をしっかり結わいたり、



手先の器用さが必要です。



工芸作品を作るように、丁寧に慎重に作ることを体感できたのではないでしょうか。



DSC_3890.jpg



DSC_3880.jpg



最後にたくさん作ったヒンメリを組み合わせ、ビーズを付けて、



世界に一つ、自分だけのヒンメリを作りました。



DSC_3876.jpg




DSC_3925.jpg




DSC_3882.jpg




DSC_3823.jpg
posted by TAS at 12:39| Comment(0) | 日記

2018年01月01日

明けましておめでとうございます Happy New Year!

      DSC_2538.JPG

   ぴかぴか(新しい)   明けましておめでとうございます  ぴかぴか(新しい)
      謹んで新春のお慶びを申し上げます

    
    2018年も地域に根差したアートスクールとして
    
  皆さまと共に文化創造の一助となるよう尽力してまいります

  本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます



               
                2018年1月 スタッフ一同









posted by TAS at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年12月27日

Happy Holidays & Happy New Year!

年末はスチレン版画、クリスマスツリーの制作など、
楽しい課題が続きましたぴかぴか(新しい)



DSC_1737.JPG DSC_2110.JPG
DSC_1797.JPG DSC_1852.JPG

スチレン版画では下図から始まり、版の作り方、多色刷りなどを通して幼児のお子さんでも

気軽に取り組める版画の基本を学びました



DSC_2130.JPG DSC_2129.JPG
DSC_2128.JPG DSC_2156.JPG

DSC_2152.JPG DSC_2159.JPG
DSC_2256.JPG DSC_2120.JPG


12月の課題ではこの時期ならではの

自分の好きな素材を存分に用いてクラフトに取り組みました




1年間、あっという間でしたが、今年も皆存分に制作を楽しんでいたようでするんるん




ぴかぴか(新しい)本年もありがとうございました
どうぞ楽しい冬休暇をお過ごしくださいぴかぴか(新しい)



posted by TAS at 20:20| Comment(0) | 日記

2017年01月13日

2017年 あけましておめでとうございます!

キリキリとした寒さがます中、


2017年の幕が開きましたかわいい



今年も月島アートスクールでは


楽しくもありながら 学びの多い


様々なカリキュラムを考案し



キラキラぴかぴか(新しい)エネルギー溢れる子どもたちに



創造/想像の場を楽しんでもらいたいと思っておりますハートたち(複数ハート)




スタッフ共々


こどもたちのエネルギーに負けないよう、


内なる情熱を燃やしながらひらめき



クリエイティブな時間を一緒につくりあげていきたいとおもっております。




2017年も


引き続き何卒よろしくお願いいたしますexclamation





スタッフ一同



posted by TAS at 11:19| Comment(0) | 日記

2016年01月07日

新年のご挨拶

DSC_7795.JPG

     
    ぴかぴか(新しい)あけましておめでとうございますぴかぴか(新しい)


  2016年が皆様にとって素晴らしい年となりますよう、
    スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

   かわいい本年もどうぞよろしくお願いいたしますかわいい






昨日より、キッズクラススタートしました!


一月のテーマは、

「キジを描く」ですexclamation



DSC_7966.JPG


剥製を360°じっくり観察。


日本の花鳥画などについても学びながら、
鉛筆でデッサンペン

墨、水彩で着彩の予定です。


丁寧にゆっくり、仕上げていきましょう手(グー)



みんな楽しい冬休みだったかな。
元気にスクールでお会いしましょう揺れるハート
























posted by TAS at 12:21| Comment(0) | 日記

2015年01月05日

謹賀新年


   旧年中は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます


旧年同様、より一層力を尽くして参る所存です

本年も倍旧のお引き立ての程宜しくお願い申し上げます

  2017年が、皆様にとって佳き年でありますようにぴかぴか(新しい)


 
                          


                          平成27年 1月 
                               月島アートスクール







posted by TAS at 19:44| Comment(0) | 日記

2014年09月11日

住友生命こども絵画コンクールについてのお詫び

アート

9月に入り、夕刻から虫の音が聞こえる時節となりました。

夏休みが明け、子どもたちは学校がはじまり、毎日のペースを徐々に取り戻してきたようですわーい(嬉しい顔)



さて、月島アートスクールでは、7月より住友生命保険主催のこども絵画コンクールに出品のため、「これがイチバン!」というテーマで自分が今一番好きなもの、好きなことをしている場面や将来の夢など、思い思いに一生懸命に描きました。

どの作品も画面いっぱいに子どもたちの夢や思いがあふれ出る生き生きとした作品に仕上がり、皆の目を楽しませてくれました。改めて御礼申し上げます。


月島アートスクールからは、優秀賞、最優秀賞共に8点ずつ入賞致しました。入賞した方には別途お知らせさせていただきましたが、今回残念ながら入賞を逃したお子さんの作品もどれも大変力強くありのままの姿で描かれており、コンクールだけでは測れないお子様の成長の足跡の一つとして捉えていただき、どうかこれからものびのびと自分らしい表現をしていってほしいと切に願っております。



また、この度の出品に際しましてはご報告が遅くなり大変恐縮ではございますが、
応募者の氏名、年齢、学校名を記載する欄が表面にあり、裏面にも応募者の氏名、生年月日、年齢、保護者氏名、住所、電話、生年月日、電話番号、続柄の記載欄がございました。

月島アートスクールといたしましては個人情報保護の観点と記入した内容は商品の案内等、2次利用されるとのことで今回出品に了承し、一旦記載していただいた方も、お子様の氏名、年齢、学校名以外は全て記載を行わず黒塗りにして応募させていただいております。

また、記載無のため今回、参加賞は辞退させていただいております。



大変恐縮ではございますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

尚、ご不明な点、ご質問等ございましたら遠慮なくご一報くださいませ。





月島アートスクール主宰  野瀬


posted by TAS at 22:19| 日記

2014年02月08日

大雪  Snowy Day

本日は20年ぶり?くらいの大雪だとか・・・がく〜(落胆した顔)

雪
お近くの方はどうぞご遠慮なくいつも通りお越しくださいませ




でも遠方の方はご無理なさらず、この数日はどうぞ足元にはお気をつけください・・・ふらふら





キッズクラスでは、バレンタインデイを前に「ハートのクラフト」の制作を進めていますが、


せっかくの雪を前にいてもたってもいられなくなり、


制作後に、少しの時間、雪遊びをしましたわーい(嬉しい顔)



DSC_1874.jpg




DSC_1879.jpg



植木にも15CMは積もっていたかな?
バケツに雪を詰め込んで



DSC_1888.jpg


DSC_1890.jpg



いろいろ作ってみました!


DSC_1892.jpg



DSC_1886.jpg




DSC_1895.jpg



東京にはあまり普段雪は降らないので、一変する街の風景を目に焼き付けていますグッド(上向き矢印)






皆さんは、雪で何か作ったり、遊んだり、何か考えたりしましたか?











もしよかったら、今度お話して教えてくださいね わーい(嬉しい顔)








今日は、暖かいお風呂に入って、身体を温めてくださいね手(チョキ)






























posted by TAS at 21:38| Comment(0) | 日記

2014年01月12日

冬の制作いろいろ Art Winter Shool For Kids

冬の制作 いろいろ DSC_1232.jpgArt Winter Shool For KIds


冬休みの間、いくつかのカリキュラムでウィンタースクールを開講しました



消しゴムハンコ、絵画制作、プリザーブドフラワーを使ったケーキ制作などなど
ご紹介いたします


DSC_1416.jpg

絵画制作 


消しゴムはんこ

DSC_1348.jpg


トレースした下絵をもとに、消しゴムをカービングしハンコ用スタンプでグリーティングカードに
スタンプしましたわーい(嬉しい顔)

DSC_1357.jpg




DSC_1351.jpg


DSC_1352.jpg

DSC_1235.jpg



そして、プリザーブドフラワーのケーキデコレーションリボン

DSC_1381.jpg


DSC_1377.jpg

プロヴァンスのローズを使いますよ




DSC_1365.jpg

DSC_1370.jpg

紙粘土やアクリル樹脂を使ってデコレーションしましょう


DSC_1412.jpg


DSC_1383.jpg


DSC_13781.jpg



DSC_1392.jpg





ぴかぴか(新しい)本年も皆様にとって良い年となりますようにぴかぴか(新しい)









posted by TAS at 20:35| Comment(0) | 日記