2014年04月03日

詩の世界を版画にしよう

詩の世界を版画にしよう

詩の朗読を聞いて印象に残った世界をスチレン版画で描いてみる事に挑戦しました

言葉だけ聞いて子二人はどんな世界を想像するでしょうexclamation&question


DSC_2193.jpg


『スチレン版画』とは
スチレンボードに身近な道具を使って凹み跡を付けて版を作り、インクを塗って紙に刷ります

スチレンボードは柔らかいので幼児のお子様もチャレンジできますよわーい(嬉しい顔)



『版画』には浮世絵・エッチング リトグラフ・シルクスクリーンと種類があります
版の加工、材質により種類が変わります


DSC_2036.jpg


まずは練習目

石やペットボトルの蓋で付けた跡の模様の面白さを発見したり、

版をすると絵が反対になることを体験します





今回読んだ詩は

金子みすずの「星とたんぽぽ」

 星とたんぽぽ

 青いお空のそこふかく、
 海の小石のそのように
 夜がくるまでしずんでる、
 昼のお星はめにみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。

 ちってすがれたたんぽぽの、
 かわらのすきに、だァまって、
 春のくるまでかくれてる、
 つよいその根はめにみえぬ。
    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。

                   ―金子みすず詩集より

DSC_2033.jpg


この詩はもうすぐ春が来ることを瓦の隙間で静かに待っているたんぽぽと、夜を待つ昼の星のぴかぴか(新しい)詩です

二人は詩のどこに印象を受けたでしょうかexclamation&question

高層マンションの多い佃も瓦屋根のお家を見つけました家
「瓦のすき間って屋根の上って事だねー」って外で観察


DSC_2200.jpg

原画を制作
色もたくさん使うようでするんるん





DSC_2197.jpg


先のとがった棒で下書きに沿って凹みの線を引いていきます

お!建物がたくさん建っているのが見えますねビル家



DSC_2207.jpg


版に色を付けていきましょう

版画は何枚も刷って一番きれいに色の出た作品を選びます

模様はきれいに刷れるかな?



DSC_2419.jpg


弟君の作品
黄色いたんぽぽが、建物の間で静かに咲いていますね
色と構成が大人アート


版画用インクでシャープな印象に刷り上げました




DSC_2420.jpg


お姉ちゃんの作品

昼間の星空を表現しましたぴかぴか(新しい)

昼だから明るい色をたくさん使いましたよ晴れ


そして綿毛がふわふわっと風に乗って飛んでいきます

水彩絵の具で刷りました。色同士がにじみ、優しい春が表現できました


二人ともインク・水彩絵の具両方で刷り、自分の作品にはどちらが合っているかを
選びました。自分の絵をどう見せたいのかちゃんと考えていますねわーい(嬉しい顔)

感心黒ハート


言葉だけでも情景を創造することができました
一つの詩からそれぞれ心残るにシーンは違い画風も違い

個々の良さが十分発揮出来た作品だと感じました。



posted by TAS at 12:12| Comment(0) | プライベートレッスン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: