2016年12月09日

肖像画を描く





肖像画の歴史は、古代メソポタミア時代までさかのぼります目



写真のまだない時代、権力者たちは地位を伝えるために肖像画や肖像彫刻を制作してきました。



記録するための媒体だったのですね。



17世紀頃になると 次第に庶民の肖像画が登場し始めたのだそうです。



カメラが普及した現代においても、



仕事として肖像画を描くプロの方々もいたりと いまだ肖像画を描く文化は残っています。



わたしたちの間でも、大切な人に似顔絵を描いてプレゼントしたりすることよくありますよねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)




今回は、そんな肖像画の歴史をふまえお話しながら



みんなにも描きたい人を選んでもらい描きました。



そして愛情いっぱいのこもった肖像画作品が出来上がりましたexclamation





DSC_0022_edited.jpg



写真を見ながら描くこたちや


思い出しながら描く子もいます。


決まりはありません。




誰を描くかきまったら鉛筆で下書きをします。



肖像画なので、「似て描く」ことを意識したいものです。



まん丸お目めや、山型のお鼻、一本線の眉毛や口。。。



本当にそんなお目め目してるかな? お鼻の骨ってどこから? お鼻の息するところは?



眉毛ってなにでできてる? 唇の厚みはキスマーク。。。?



そんなことを意識してもらいながら描いていきます。





DSC_1482.JPG






DSC_1483_edited.jpg





眉毛の毛並は上手に描けたけれど、、、なんだか 口とあごの間がすごくあいちゃった!


あれれ?  おでこがない。。。 



お顔のバランスがむずかしいふらふら



消しゴムで何度も何度も消しながら



対象となる人の顔を思い出しながら 一生懸命似るように描いていきます。



そして何よりも その人を想いながらハートたち(複数ハート)





DSC_1485_edited.jpg




鉛筆の下描きが終わったら




色塗りに入りますリボン





DSC_0029_edited_edited.jpg



背景には、描く対象の方のイメージができる好きなものであったり



好きな色を意識しました。





DSC_0089_edited.jpg






描く対象として人気だったのが、家族です。




DSC_1484_edited.jpg




お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、弟、妹、家族全員、




中には大好きなお友達を描いたこもいました。





大好きなみんなを思い出しながら描きます。






DSC_0084_edited.jpg






DSC_0083_edited.jpg






家族と旅行に行ったときのことを思い出しながら。。。飛行機バス新幹線車(セダン)




DSC_0497_edited.jpg






これは東京タワーにいったときかなるんるん





DSC_0488_edited.jpg







なんだかみんなで楽しそうな感じが伝わってきますわーい(嬉しい顔)



あれ?後ろの方にも誰かいるねexclamation



DSC_0489_edited.jpg






DSC_0492_edited.jpg






大きく堂々と描けたね!


DSC_0494_edited.jpg





大好きなお父さんとお母さん黒ハート


そっくりに描けました。


DSC_0495_edited.jpg




手に何かもっています。


自分の中でしっかりとストーリーが作られているのですねぴかぴか(新しい)





DSC_0496_edited.jpg



これは 大好きなお母さんと、大好きなパスタを食べているところだそうです。


お母さんはオレンジが大好き。


きれいなオレンジ色を背景に、かっこよく塗れましたハートたち(複数ハート)





DSC_0491_edited.jpg





ママは青が好き!だから青の水玉模様の服を描きました。





DSC_0090_edited.jpg





大好きな妹を描きました。



妹はお芋が大好きだそうです!




DSC_0493_edited.jpg






赤いお鼻。。。。斬新です!!!かっこいい。




DSC_0498_edited.jpg





DSC_0500_edited.jpg




大好きなパパ。


写真をみながら描きました。



構図が難しかったけれど


一生懸命描きました!




DSC_0499_edited.jpg





DSC_0023_edited_edited.jpg





気持ちがこもった作品たちは


色使いにも、線にも、ストーリー性にも、細かな部分まで



自然に配慮された



とても完成度の高い作品になるんだということを




みんなが真剣に描く姿からよく伝わってきました
ぴかぴか(新しい)


posted by TAS at 13:48| Comment(0) | 絵画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。