2016年06月09日

音を絵に現そう、楽器を描こう

DSC_9509.JPG

5月前半のキッズクラス・プログラムは

「音を絵に現そう」

です。


音を聞き、目で見て、自分のイメージを作り、
それを色や絵に現してみましょう。

目、耳、手の感覚を研ぎ澄ませて、
自分だけの発想力を活かした作品を仕上げてみましょう。




DSC_9501.JPG

今回みんなで見て触って聴く楽器は

アコーディオンですぴかぴか(新しい)

講師が私物を背負ってきました手(グー)


120フルベース、約10キロありますexclamation

まずはよく観察しましょう。


DSC_9496.JPG


裏側ってこんな風になってたんだー!




ベースボタンの仕組みに興味津々。


アコーディオンはとても歴史のある古い楽器です。
スイッチを切り替えるだけで全く違う音を奏でることができます。


意外に?大きな音にみんなびっくり。


DSC_9507.JPG

前にだっこするみたいに背負うんだね。

重いよ〜あせあせ(飛び散る汗)


あちこちくまなくボタンをチェックし、
様々な音を楽しんだら・・・

みんなで楽譜作りに挑戦してみましょう。

DSC_9679.JPG

楽譜を初めて見るお子さんも。


DSC_9523.JPG

アコーディオンで聴いた音を思い出しながら、

「楽しい、嬉しい色」
「つらい、悲しい色」

に分けて、音符に色を塗っていきます。

DSC_9522.JPG

ワクワクする色って、どんな色かな?

DSC_9677.JPG

悲しい色を探してみよう

DSC_9524.JPG

お顔音符も登場しました目

切り取って、五線紙に張っていきます。


DSC_9526.JPG

みんなの作品を並べて貼ってみました。

上が楽しい、
下が悲しい色の組み合わせ。

ここで寒色、暖色のお話をしました。

みんな意識しないでも、

楽しい→暖色
悲しい→寒色

のグループに分けて塗っていますね。
並べて掲示してみるとよくわかります。


出来上がった楽譜で、講師が演奏してみましたるんるん

グループごとに、全く違う曲が生まれました。

真面目そうな曲になったり、
上へ下へと音の飛ぶ元気な曲になったり

偶然できた曲ですが、それぞれ個性がきらりぴかぴか(新しい)




次回は、

アコーディオンをデッサンします。
どんな音のする楽器か、しっかりイメージを持って描いていきましょう




posted by TAS at 13:23| Comment(0) | 絵画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: