2015年09月30日

アンリ・マティスB Henri Matisse Cut-Outs

南フランスの保養地、VENCEは、晩年マティスが暮らした小さで静かな街です


IMG_1425.JPG




IMG_1429.JPG



中世の街並みが今でも息ずき、街角にはギャラリーやカフェがあちこちにたたずみ


壁にはピカソやシャガールなど、この町で暮らした名だたる巨匠の名画が


さりげなく飾られていることに驚かされることもあります。





なんといってもこの町で暮らしたマティスの晩年の作品の一つとして


 
教会の建築デザインは見ておかなくてはなりません。




ドミニコ会修道院 ロザリオ礼拝堂
La Chapelle du Rosaire


IMG_1456.JPG

(可愛らしい女の子が建築を見ながらスケッチをしていました)

IMG_1455.JPG



入口にはドローイングを思わせるタイル画がかけられています



IMG_1444.JPG




IMG_1454.JPG



内部の礼拝堂は撮影禁止のため、残念ながらご紹介できませんが、


マティスがインスピレーションを得て制作してきたこれまでの


ドローイングや切り絵の源泉がそこかしこに見られ、


 
とても感動しました


IMG_1446.JPG

ステンドグラスには、なにやら見覚えのあるフォルムが見られますね・・・・・・・!



ミモザのモチーフを連想しませんか  わーい(嬉しい顔)



IMG_1451.JPG

金魚のいる裏庭の水辺


マティスは、金魚をモチーフにした室内風景も制作しています





IMG_1452.JPG






空間をデザインすることは、マティスにとってはこれまでの制作の


 
集大成として大切な仕事であったに違いありません。




繰り返し繰り返しドローイングを重ねながら模型をつくり、


自身のルーツを確かめ、心のよりどころとして、また魂の根源を見つめなおす作業であったかもしれません。



もしフランスに行かれることがあったら、ぜひVENCEにいってみてはいかがでしょうか



 
IMG_1417.JPG




礼拝堂の内部写真は探すと多くの資料がありますのでぜひご覧になってみてください


ヴァンス案内




Y.N

posted by TAS at 02:53| Comment(0) | 世界のアート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: