2015年05月06日

パッケージデザイン@

スーパーやコンビニなどで見かけるチョコレートや飴などの様々なお菓子。
よくよく見ると、パッケージについてもそれぞれ趣向を凝らしたデザインで売られています。

たとえばチョコレート。
ミルクチョコレートなら茶色の包み紙、ブラックチョコレートなら黒い包み紙。
それぞれの商品に合った色や形でデザインされたパッケージであることに気がつきますひらめき

そこで今回は好きなお菓子のパッケージをデザインしてみることにリボン
幼稚園のみんなは、まずはじめに商品のキャラクターを考えてみました。

DSC_4813.jpg


この子はカステラのキャラクター、その名も「カステラくん」だそうわーい(嬉しい顔)晴れ
顔と手がカステラになっていて、とってもかわいい。
色使いもとってもキュートですね。

奥には顔と足がバナナになった、バナナくんも見えます手(チョキ)ぴかぴか(新しい)


DSC_4740.jpg


小学生のみんなはもう少し具体的にパッケージのイメージを設計していきました。


DSC_4704.jpg


商品の中身をわかりやすく伝えるタイトル、どのような味なのかを伝えるイメージカラーなど。
ひとつひとつ決めながらデザイン画におこしていきます。

右の「しゅわスター」という商品はシュワシュワとしたイメージを星型のパッケージでわかりやすく伝えることに。
色もサイダーのような爽やかなチョイスですひらめき

DSC_4708.jpg

こちらはりんごのチョコレート「アプチョコ!」です。
ネーミングが非常にわかりやすく、「おいしそうだな〜」とついつい手に取りたくなってしまいそう揺れるハート
キャラクターや箱の形など具体的に書き込めました。

次回は実際に工作でパッケージを作る段階に入ります。
どんな商品が出来上がってくるのか、期待大ですexclamationぴかぴか(新しい)


posted by TAS at 19:38| Comment(0) | 工芸・デザイン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: