2019年08月31日

大きなモチーフを描く


今回のテーマは「大きなモチーフを描く」ですわーい(嬉しい顔)


DSC_7856.jpg



モチーフは、大きな観葉植物と、キジの剥製。



左右に広がった茎や、入り組んだ葉っぱは



画用紙の中に収まり切らないくらい大きいですexclamation



子どもたちは、この難しいモチーフと格闘exclamation×2


DSC_7930_edited.jpg


DSC_7860_edited.jpg


DSC_7859_edited.jpg


キジを中心に描く子が多かったのですが、



やはり目を惹くからでしょうか。



キジの模様は美しく複雑なパターンなので、



模様を追って描くのは大変ですあせあせ(飛び散る汗)



でも、よ〜〜く観察して、粘り強く描いてくれました。


DSC_7926_edited.jpg


植物は、葉が全方向に伸びていて、重なって見えるので、



これもまた、形を追って描くのが大変なモチーフです。



デッサン・写生には、粘り強さが求められます。



物事に粘り強く取り組む力は、



子どもたちが身に付けるべき能力の一つとしてとても大切ですが、



デッサン・写生に真剣に取り組むことを通して、



「観察する力」や「物事に粘り強く取り組む力」が形成されるのです。



DSC_7923_edited.jpg



DSC_7855_edited.jpg


DSC_7971_edited.jpg



DSC_7980_edited.jpg


DSC_8033_edited.jpg


小さなモチーフを精密に描くことも大切ですが、



大きなモチーフを画面いっぱいに描くことで、



モノとモノの位置関係や、構図、バランス、奥行といった、



より広い視点で、物事を観察することができるようになるでしょう。
posted by TAS at 14:41| Comment(0) | キッズクラス

2019年08月30日

サマープログラム 油絵


夏休みは毎年、油絵講座を実施しています。


夏休みの自由研究として提出されるお子さんもいらっしゃいます。


油絵は時間をかけて描き上げるため、


夏休みの時間を使ってじっくりと向き合っています。


いくつか子どもたちの作品をご紹介しますわーい(嬉しい顔)


DSC_7836.jpg


ふわふわの毛並みがよく表現できています


飼い犬への愛情が、絵にもにじみ出ていますね黒ハート

DSC_7833.jpg


べた塗りの箇所が良い味を出しています


森の中の遠近感も感じられて、クールな印象です。


DSC_7832.jpg

これを描いてくれた男の子は、電車が大好きで


いつも電車をモチーフに絵を描いています。


一点透視図法を駆使して、遠近感のある構図で描いてくれました。


地下鉄の暗闇の中、ライトが明るく照らしてます。


DSC_7831.jpg


お相撲さんの存在感がとてもよく表現できていますね!


油絵だからこその重量感です。





油絵は何度も塗り重ねられるのが特徴で、


絵の具がキャンバスから盛り上がって描かれることもあります。


そのような質感や量感に、描き手の思いが込められているように思います。



DSC_7816.jpg


DSC_7771.jpg


DSC_7684.jpg



DSC_7767.jpg


DSC_7655.jpg


描いては塗り重ねを繰り返し、


迷いながら遠回りしながらでも


自分の作品を作り上げることは


子どもたちにとって


とても豊かな経験になると思います。



DSC_7769.jpg



DSC_7688.jpg



DSC_7660.jpg



DSC_7658.jpg



続きを読む
posted by TAS at 16:43| Comment(0) | サマー2019

2019年08月07日

そっくりパフェ



今日は本物そっくりなパフェを作りました。

紙粘土でアイスクリームやプリン、チョコレート...
水彩絵の具使ってスライスしたフルーツを描いたりしました。

DSC_7668.jpgDSC_7669.jpg

どんなパフェにするか悩むのも楽しいですね。
作りながらイチゴの予定がキウイに変わるのも...あり!ですひらめき
DSC_7671.jpg

そしてレインボーする!と来る途中に考えながら来てくれた子もいました。

みんな2時間黙々と作っていました。

DSC_7673.jpgDSC_7676.jpgDSC_7750.jpgDSC_7751.jpg
そして出来上がったパフェはまるで本物みたいですexclamation

本当は紙粘土が乾くまで教室でお預かりの予定でしたが...「持って帰りた~い!!」という事で、持ち帰りを希望した子たちは当日にお持ち帰りしました。

この暑さでも溶けないので、いつまでも見た目にも涼やかですね!
posted by TAS at 15:28| Comment(0) | サマー2019